FC2ブログ
2017
06.18

ef - the latter tale. 感想など



(最終更新 8月15日)

長らく時間がかかってたけど全て攻略完了。
何というか全部読み終わって数分放心してた。


トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:S

2部作品なので共通の概念がないから各個別ストーリーで評価。

・チャプター3 (蓮冶、千尋√) 評価:S

2017y08m15d_223507989.jpg

first taleから新藤姉妹の妹の方の話。
13時間で記憶が消えてしまう記憶障害持ちの女の子の話だったけどとにかく読み進めるのが辛かった。
主人公も段々理不尽な状況に気づいてきてどうすることも出来ないから苦しむ事になってるけど千尋本人もデートの計画の話とか考えてた時とかほんと死ぬほど辛かっただろうなーって思う。
記憶障害、喪失とかはこの手のゲームじゃ割と有りがちだけど話全体を通してもシナリオの完成度は高いかなって思ったかも。

あの主人公と過ごした部分の手帳を渡す場面とかもう泣きまくったけどそれ以上に最後のページの内容が本気で泣かせにかかってるわ。
二人で書き上げた物語を再び見せて千尋が泣いた場面は記憶が消えても何かしら心に残ったものはあったんだなーってほんとに良かったと心の底から思った。

エロは1枠。・・・とはいえもう無理矢理シナリオにねじ込んだ感が凄いけど。
このルートに関してはほんとエロがむしろ邪魔に感じるレベルじゃないかな。

序盤はやや退屈気味だけど話の本質が見えてきてからは文に引き込まれる感じが強く、話のまとまりもよくとても良かったと思う。
でもやっぱり二人には幸せになって欲しいなー


・チャプター4(久瀬、ミズキ√) 評価:B-

2017y08m15d_223551666.jpg

firstから出てたミズキの話だったけど何というかこのチャプターではミズキってキャラがあんまり好きになれなかったかな。
妙に悟った態度を取ったかと思えばふざけたりしてちょっとうざい部分もあって全く個人的な好みから外れてるキャラだったからそういう意味では読み進めるのがしんどかった。

シナリオの内容も久瀬もミズキも不幸な過去を印象付ける描写が多くてネガティヴな文が多いなーって思えたかな。
ヴァイオリンに関しても話の核ってわけでもないし終章の繋ぎのチャプターって感じが凄いした。
というより千尋の話が衝撃的だっただけにその後にこんなシナリオ読まされてもねぇ・・・みたいなのは思ったかも。
あとは久瀬の凌辱じみたシーンはシナリオゲー的にはどういう評価されてるんだろうね。個人的にはあんまり良いとは思えなかったけど。

チャプター3が良かっただけに4は繋ぎの章というかあんまり好きになれなかったかも。


・終章(雨宮優子 編) 評価:A-

2017y08m15d_223846182.jpg

主人公の夕の過去の妹の話と優子の過去の話が軸だったけど話がとにかく重いというか胸糞悪い内容だったかな。
というよりも登場人物ほぼ全員が闇を背負って過ごしてるのは何か一歩間違えれば不幸自慢になりかねない気もするけど。

優子自体のキャラクターに関してはこれはかなり人によって意見が分かれそうだけど巷では評価が高めなあたり受け入れられてる人のが多いのかな?
個人的にはキャラそのものはいいんだけど特に前半の物の考え方とかがいくらなんでもキチガイすぎてちょっと受け入れがたい。
自分も結構後ろ向きな考え方だけどゲームとはいえちょっと頭おかしいとしか思えないわ。
教師の雨宮の考え方も納得出来るようで良く分からない部分が多いしちょっと結末への話の持って行き方が強引な気はする。

ただ各場面を細かく見て行ったら画面効果も会話も話に引き込まれる感じはあったからシナリオとしては平均以上の水準はあると思う。
一応ファーストからの軽い伏線も回収はしてるけどそこまで視界がクリアに感じるほどでも無かったかも。

エロに関しては当然ながら?着衣での1枠。
素材はいいだけにちょっと勿体なくも感じたけどまぁこういうのが好きな人もいるのかねぇ。

チャプター4よりかははるかに楽しめたかな。
まぁ何だかんだ優子は可愛い面はあると思う。ミズキ、宮子よりかは遥かに良い。


・終章(火村夕 編) 評価:S

2017y08m15d_223954832.jpg

正直この章をやるまでは不幸な事象を詰め込んだだけなシナリオだなーって思ってたけど流石に撤回したいかも。
評価SSでもいいくらい。

基本的に話自体は優子編の続きなんだけどとにかく中身が濃い、今までの各チャプターとの話の繋がりや伏線もしっかり回収出来てて非の打ち所のない内容だったと思う。
後でシステムの所でも書くけど演出面も素晴らしいし文だけじゃ伝わりきらない部分も補えてる。

前半は優子との日常の場面だったけど前の章の後の事もあってか幸せな雰囲気がこっちにも伝わってきて読んでて微笑ましくなったかな。
こうして見てると優子も結構可愛い面が多いなーとは思ったけど相変わらず独特な性格はそのままで面白いキャラだった。

中盤、後半はもう泣きまくって細かい部分があんまり頭に残ってないけど未来を通じて最後のあの教会で二人が再開して話をするって部分がほんとに凄いなーって感じた。
ファーストテイルからのシナリオ構成が滅茶苦茶上手い。
ラストの場面のアニメーション部分はもう凄いとしか言いようがないかも。

あとミズキの話も最後に少しあったけど最終的には久瀬とちゃんとした意味で付き合えて良かったと思う。
チャプター4だけで終わってたらモヤモヤしてたと思うし。

正直ファーストテイルからこのゲームの優子編まではここの話のためにあったって言っても過言じゃないんじゃないかな。
最後までやって良かったと思えた。

__________________________________________


 総合評価:S

今じゃ結構前のゲームだけどそれでも絵のレベルがかなり高いと思う。
目パチや演出の効果もあって絵の良さも引き立ってると思う。
優子みたいな長い髪のキャラは特に絵が良いなと感じた。

__________________________________________


音楽 総合評価:S

ヴァイオリン主体のBGMが多く個人的な好みにもマッチしてて凄く良かった。
あとはヴォーカル曲が凄く良い。
あのチャプター4のムービーで流れるEmotional Flutterはほんとに最高。
ゲームだけじゃなくてアニメ版の曲も重ねて素晴らしいと思う。

__________________________________________


システム 総合評価:S

ここは評価SSでもいいと思えるくらいに演出が極めて良かったと思う。
場面の切り替わり、アニメーション、別視点時のCV全て良かった。
CGの枚数も凄く多く、その分シナリオに感情移入出来た。

__________________________________________


CV 総合評価:A+

概ね良かったと思う。
どのCVもキャラに合ってたし女キャラ男キャラともに引き立ってたんじゃないかな。

__________________________________________


その他

とにかく最後までやって良かったと思えたゲームだった。
夕編はほんと何回も泣いたしシナリオも綺麗に感じたし凄く良かった。
ただキャラクターの癖が凄いあるから合う合わないは結構激しそうだけどそれを考慮してもオススメできるゲームじゃないかな。
全編通して暗い話が多いけど心に残るものがあったかな。

ほんとに最後の夕編のシナリオは驚いたと同時に凄いなと素直に感じた。


総合してこのゲームは 92 点くらいかな。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://botamochisan.blog.fc2.com/tb.php/65-0f7f0df4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top