FC2ブログ
2019
12.31

好きなキャラクターランキング(エロゲ以外もおまけで) 2019年版


これも一応恒例になってるし今年もやろうかね。
今年もかなり良いキャラクターに巡り合えたので正直難しい。

今年プレイしたゲームだけのランキング(1~5位)と全体のランキング(1~10位)をそれぞれ。

※以前に本編プレイ済みのFDのキャラは除外(FDからの初出キャラは対象)


●今年プレイしたエロゲ部門


5位:大村翠 (ショコラ)

2019y09m18d_224617424.jpg

<コメント>

正直今年はかなり順位付けに悩んだけど翠ちゃんで5位はちょっと今年もレベルが高すぎる。
序盤はむしろ好きじゃないくらいの立ち位置だったのにシナリオを読み進めるごとにどんどん好きになっていったキャラだったなー
ほんとにしやわせになって欲しい、そう切に願うキャラクターだった。

4位:小鳥遊亜子 (making*lovers)

2019y02m03d_212817810.jpg

<コメント>

このちょっとアホっぽい感じのゆるい妹キャラはかなりずるいと思う。
呼び方は伝家の宝刀「お兄ちゃん」呼びだし服もいちいち可愛いし過剰過ぎないブラコン具合も中々たまらなかった。
キャラとしてはもうほんとにめちゃ好みだったに尽きる。

3位:ハル (さくら、もゆ。)

2019y05m02d_204802070.jpg

<コメント>

幸せになったら大筋の話としてはバッドエンドなのが辛すぎる。
でも個人的にはそれを跳ねのけるくらいハルってキャラがシナリオ通して好きだったし幸せになって欲しいと思えたかな。
キャラ魅力でいえばクロに全然引けを取らないと思う。ほんとに頑張り屋で良い子。

2位:クロ (さくら、もゆ。)

2019y05m02d_204709169.jpg

<コメント>

とにかくシナリオがずるいに尽きる。
まぁそれを差し引いてもほんとに可愛かったしハルと同じく頑張り屋で好きになれた。
好きな人のためにあそこまで頑張れる一途具合はほんと見習いたいしそれがクロの魅力をさらに引き上げてると思う。

1位:韮崎日向 (LOVELY×CATION2)

2019y12m07d_222118609.jpg

<コメント>

大天使。他に言うことありません。
全てにおいて可愛すぎます。後輩と妹ポジを兼ね備えて性格も謙虚で優しくマイナス要素がどこにも見当たらない。
正直年下キャラの一つの理想だと思う。

●全体エロゲ部門

10位:ハル (さくら、もゆ。)
9位:クロ (さくら、もゆ。)
8位:椿姫 (G線上の魔王)
7位:七海 (RIDDLE JOKER)
6位:日向 (LOVELY×CATION2)
5位:灯花 (車輪の国、向日葵の少女)
4位:アリスティア (PRIMAL×HEARTS2)
3位:莉音 (DRACU-RIOT!)
2位:ののか (あなたに恋する恋愛ルセット)
1位:真紅 (いろとりどりのセカイ・ヒカリ、紅い瞳に映るセカイ)

<総括コメント>
今年も3キャラランクイン。
いやでも日向ちゃんレベルで6位って正直かなりレベル上がってきてて今後どうなるのか楽しみでもあるかなー


<おまけ>

●アニメ部門

(今年も特に新規にアニメあんまり見れていないので省略)

●デレマス部門

5位:とときん
4位:ふみふみ
3位:響子
2位:夕美
1位:智絵里

特に変わらず。あんまり最近はデレステの方もやらなくなってきたかも。

●モンスト部門

5位:アリス(獣神化・進化)
4位:カマエル(神化・進化)
3位:ユグドラシル(神化・進化)
2位:スキュラ(神化・進化・フェス限)
1位:モンストローズ(獣神化・神化・進化)

特に気になるキャラも増えてないかな。プレイ時間も減少気味。


●白猫部門

(もう引退してプレイしてないので省略)
でも今でもツユハは可愛いと思うし白猫の中じゃ一番好き。


●ラブライブ!部門

μ's
5位:ことり
4位:絵里
3位:希
2位:穂乃果
1位:花陽

Aqours
5位:善子
4位:梨子
3位:千歌
2位:花丸
1位:ルビィ

これも特に変わらず。スクスタはちょっと合わなかったかな。


来年もいろいろゲームやっていきたいものだねー

スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2019
12.31

今年プレイした18禁ゲームを振り返る 2019年版


恒例の年末まとめ記事。正直数時間前まで忘れてた。
making*loversからLOVELY×CATION2まで。(パルフェはプレイ中のため持ち越し)

making*lovers (88点) 1月~2月にプレイ

付き合ってから始まる恋愛って点が少し変わったキャラゲーだったけどここのブランドらしい読みやすく明るい雰囲気のゲームで凄く楽しめた。
個人的に亜子ちゃんとましろちゃんが特に可愛くてお気に入りかな。
ルートの出来栄えも平均的で初心者からヘビーユーザーまで幅広く楽しめるゲームだと思う。


バタフライシーカー (91点) 2月にプレイ

あまり普段選ばないサスペンスもののシナリオゲーとして選んでみたけど期待値よりも3倍くらいは面白く楽しめたゲームだったかな。
各ヒロインの話もBAD含め印象的だったしトゥルーの刺殺事件のストーリーも熱い展開で読みごたえはかなりあったかも。
登場キャラに関しても透子は好みが分かれるかもしれないけど他3人のメインヒロインは魅力的だと思えたしサスペンスものとしても面白かった。


さくら、もゆ。 (92点) 3月~5月にプレイ

とにかく長かった・・・という感想が出てくるけどやっぱり推したいのはハルとクロルートだと思う。
ファンタジー色全開の作品で読みにくい部分もあったけどハルルートとクロルートの後半はほんとに心の底から感動したし読みごたえもあったと思う。
イラストも綺麗で曲も相変わらずここのブランドは力が入っており目や耳でも楽しめる作品じゃないかな。
後はムービーの出来も今作はピカイチだったと思う。OP1、OP2共にすごく良い。


天気雨 (83点) 5月~6月にプレイ

E-mote作品は初だったけどきつねっ子ならではの可愛さが前面に出てたキャラゲーだったと思う。
田舎を舞台にした雰囲気の良い明るいゲームだったけどヒロイン2人とも可愛かったし田舎の良さもはっきり出てたかな。
読みやすく尺もそこまで長くないので初心者向きのキャラゲーかもしれない。


Ripple (75点) 6月にプレイ

戯画コレ版①だけど解像度が小さかったりログが見れなかったりと昔のゲームならではのプレイしにくさはあったかな。
ただシナリオやキャラ自体は昔のゲームにしては洗練されてる方で一つ一つのルートの長さは短いながら概ねしっかりしてる方だと感じた。
個人的には奈海とあおいみたいな微妙な関係の2人のやりとりとか結構見てて面白かったし印象的だったかな。


LOVELY×CATION (90点) 7月~8月にプレイ

オールケーション①。アイテム収集でステータスを上げてイベントを見ていくって形式のゲームだったけど全イベント回収したりするのが時間かかったかな。
ただヒロインは5人とも魅力的だったし日常パートから恋人パートまでどれもシナリオは良かったと思う。
個人的には三朝先生と優希ちゃんが好みだったかな。
アフターストーリーもかなり充実しておりアペンド込みとはいえキャラゲーとしては申し分ない出来栄えだと思う。


ショコラ (90点) 8月~9月にプレイ

戯画コレ②。喫茶店を舞台にした話だったけどプレイ後の各キャラへの愛着が凄く残った作品だったかな。
特に印象的なのは香奈子と翠の2人だとは思うけどそれ以外のヒロインも多少ルートの出来栄えの差はあれど引き込まれるシナリオが多かったと思えた。
個人的には翠ちゃんにはほんとしやわせになって欲しい。一番つらい立場だと思うし。
キャラゲーとしてもシナリオゲーとしても楽しめるレベルの高い作品だと思う。


LOVELY×CATION2 (91点) 10月~12月にプレイ

オールケーション②。こちらもプレイ時間が物凄くかかった。
ただ個人的には前作よりもヒロインが好みだったのと日常パートもまとめのパートもしっかり作られていたのでキャラゲーとしてはかなり出来が良いと思う。
日向ちゃんはほんと特に可愛かったし理想的な後輩(&妹)キャラだと思う。
アフターに関しては前作以上に充実していたし季節に沿ったエロ無しの日常イベントも盛り込んでくれたのが良かった。


以上今年8作プレイしたかな。
フルプライス作品が多かったのもありあまり作品数は多くなかったけど8作中5作が90点以上と滅茶苦茶レベルが高いというか個人的に好みなゲームが多くて充実した1年だった。
今プレイ中のパルフェも中々凄そうだし今後もたくさんプレイしていきたいなー

Comment:0  Trackback:0
2019
12.29

パルフェ  感想など

Category: トップ


(最終更新 2月3日)

戯画ロイヤルスウィートコレクションの3作目。
本編6ルート+おまけシナリオまで全て完了。前作以上にキャラに愛着が湧く内容だった。
間違いなく名作だと思う。


トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:S


・共通 評価:-

ショコラよりも少し未来の話でファミーユを舞台にした今作も喫茶店の話だけど結構ガチ目の経営の話とかも散りばめられて設定は面白かったかな。
主にキャラ紹介がメインだったけど今作も魅力的なキャラばかりで好印象。
それぞれ個性的で日常場面とか見ていて面白かった。

前作ショコラ同様そこまで尺は無かったので省略。


・由飛√ 評価:S

2020y01m26d_103318426.jpg

突如バイト志願で現れた音大のピアニスト。

ルートはノーマルエンドとトゥルーエンドだけど玲愛との問題に向き合うのがトゥルーでそうじゃないのがノーマルかな。
告白の場面は正直好みが分かれそう。でもあの一言はかなりきついと思う。
あんなの面と向かって言われたら数か月は凹むと思う。
ただまぁ由飛の性格を考えたらああいうストーリーはらしいといえばらしいから良いんじゃないかな。
正直男から見ても物凄くめんどくさい女の子だと思う。女目線だと見てられなさそう。

トゥルーに関してはエオリアンハープの例の場面はボロ泣きした。
玲愛の頑張りにも主人公の頑張りにもほんと感動したしそれで由飛自身が問題をあっさり乗り越えられちゃうのがまた由飛らしくて良い。
でもほんとに大切に思ってる人でないとあんな行動出来ないと思うしそれを成し遂げちゃう玲愛にも凄い好感が持てたなー

エロは3枠。(一応後半が2枠扱いな模様)
店内とお部屋でものすごいえっち×2だったけどこうして見てみるとめんどくさいけどそれを考慮しても由飛は可愛い。
結構個人的にツボなセリフも多く満足度は高め。

由飛自体のキャラはさっきも書いたけどかなり人を選ぶと思う。
正直ぶりっ子といえばぶりっ子だと思うし面倒でわがままなのも間違いないけど何故かそれも魅力に変えてしまう力をこの子は持ってる気がする。
性格だけで見たらあんまり好みじゃないはずなんだけどシナリオ通して読んでたら最終的には凄い好きになれたかな。


・かすり√ 評価:A+

2020y01m26d_103409444.jpg

ちょっとお茶目な年上パティシエ。

このルートもノーマルとトゥルーの2種類。
結構恋愛アドベンチャーって比率が高いシナリオだったけどかすりさんの性格を良く反映出来てるシナリオだと思えた。
かすりさんは里伽子を、主人公は昔の男を勘違いするって部分もべたな話ではあるけどこの2人だから猶更話に引き込まれる感じがしたと思うしお互いほんとに好きなんだなーって思えた場面でもあったから最後の場面とか読んでて楽しかった。

個人的には恋愛面でもそうだけどパティシエとしてファミーユに居たままだと成長できないと思ってああいう行動に移すって部分も良かったと思えたかな。
心の成長も描かれていたのが読んでてぐっと来たし対決の場面は結構熱い展開だったんじゃないかな。

エロは3枠。
結構かすりさんのセリフとか細かい描写が個人的に好みだったかも。リードしてくれる感じとか好き。
最後のシーンとかは蟠りが取れてラブラブな感じが前面に出ていて良い。

かすりさんのキャラは個別前と後で結構印象変わった感じがしたかな。(良い方に)
親しみやすい先輩キャラって感じから結構一途に想ってくれる恋人に変化したからその点は少し驚いたかな。
シナリオは由飛ほど爆発力は無かったけど総合的にバランスよく楽しめたかね。


・恵麻√ 評価:S

2020y01m26d_103426363.jpg

姉、もとい総店長もとい色々兼ねてる人。

このルートも同様にノーマルとトゥルーの2種類。
主には一人絡みの話と里伽子絡みの話の2つだけどそれが合わさって姉と弟の初恋を描いてたかな。
前作ショコラの翠と香奈子と主人公の関係を彷彿とさせる内容だったけど恵麻と里伽子お互いにとって辛い話に感じた。特に里伽子は辛すぎると思うけど。

印象的な場面は何か所かあるけどファミレスでの里伽子との会話の場面と最後の土下座、本店の場面が特に頭に残ってるかも。
それぞれの場面で里伽子がどんな気持ちで話してるのかを想像するとほんと泣けてくる。
一番最後のCGとかほんと味があっていいと思うしほんと3人の仲の良さを表してると思う。

エロは3枠。恵麻の部屋、実家でコスプレ、更衣室だったけどシチュ内容は一番目がダントツだったかな。
結局処女描写を匂わす文はあったものの最後までそこを明確にしてなかったからちょいと気になった。

ただまぁこの恵麻ってキャラも好みは分かれそうではある。
未亡人の再婚とはいえ結局浮気と言えば浮気に当たるし里伽子を裏切ったといえば裏切ったことになるから恵麻を許せないと感じる人もいるかもしれない。
シナリオ全般としては恵麻と里伽子の距離感がほんと絶妙で三角関係の話としてはかなり出来がいいと思えた。
設定自体が結構奇抜目で風呂敷を畳み切れるのか疑問だったけど内容といいオチといい文句は特に無いかな。


・明日香√ 評価:A+

2020y01m26d_103353162.jpg

ファミーユ最年少の頼りになるバイトの女の子。

このルートはトゥルーのみみたいだけど理由は何となく分かるかな。
個別のシナリオも良かったんだけど個人的に共通でここまでぐっとくる場面が来たのは予想外だったかな。
学園祭の模擬店と告白の場面の2つは結構推したいところ。
模擬店ファミーユは明日香ちゃんの真面目なところと責任感の強さがほんとこの子の魅力が前面に出てるイベントで凄く印象的だった。
特に話が凝ってるというわけでは無いけどキャラの性格付けがとても上手かったと思うし評価出来る点だと思う。
もう1つの告白の場面はこれもベタといえばベタだけど明日香ちゃんの若さ特有の突っ走り具合というか見てて恥ずかしい感じが出てるのも良い。
比較対象としては由飛だとは思うけど真逆な展開で読み比べるのも面白そう。

次に個別だけど基本的には受験勉強を頑張るという内容なんだけどここでも明日香ちゃんはほんと期待通りの可愛さで年下キャラの強さを遺憾なく発揮してたと思う。
明日香ちゃんの一途具合には少し憧れすら感じたかな。主人公が羨ましい。
そこからのファミーユの話は結構涙腺に来たし恵麻さんだけ分かってないってのもちょっと面白かった。

エロは3枠。いやー学園服、ファミーユ制服、お風呂とかちょっと需要を理解しすぎてるほんとに。
具体的に言うならファンディスクが要らないくらい無駄のないシチュと組み合わせだと思う。

明日香ちゃんに関してはそこそこ万人向けな立ち位置に感じたかな。
他キャラに比べると一番癖の少ない魅力重視のキャラじゃないかな。
頑張り屋さんで真面目で一途、正直文句無い。

評価は悩んだけどSよりのA+で。楽しめた度合いだけで言えばSだけど。


・玲愛√ 評価:S

2020y01m26d_103340910.jpg

真面目でツンデレなキュリオのチーフ。

ノーマルとトゥルーの2種だけどノーマルエンドは由飛のくだり以降が丸々カットされてるので省略。
正直軸の話が薄いのは間違いないんだけどそれ以上に玲愛のデレっぷりが可愛いって印象しかなかったかな。
あれだけツンケンしててケンカばっかりしてたのに恋人になってからの甘えっぷりというか一途さがほんと魅力的だったし手繋いでるCGとかほんと最高だった。
告白の場面とかもう滅茶好き。
凄い勇気出して行動したんだろうなーってのが伝わってきてこっちまでドキドキした。
後半の結局騙してたって内容も要所要所しか分からなかったし玲愛ちゃんが落ち込んでいく部分は可哀そうで見てられなかった。
結局主人公が先に折れるところまで里伽子が想定してたとしたらもう登場キャラで誰も里伽子には勝てないと思う。
由飛と里伽子とのファミーユでの会話の場面は結構来るものがあったなー 特に由飛だけど

エロは3枠。最後のシーンのテキストはほんとシナリオライター天才だと思った。
もう正直可愛いって感想しか出てこないからこれ以上は省略。

玲愛のキャラ自体はツンデレに属するとは思うけどデレの部分が強力だし万人向けするんじゃないかなーと思う。
キュリオのチーフやってて頼りにされてるけど実はすごく心の脆い女の子って部分とかほんと胸にくる。
シナリオだけ見ればSかA+かで悩んだけどキャラ魅力だけでS付けたくなるくらい可愛かったからSで。


・里伽子√ 評価:S

2020y01m26d_103456346.jpg

ファミーユ本店チーフ、大学同期。

里伽子のみバッド、ノーマル、トゥルーエンドの3種類かつトゥルーエンドに条件ロック有り。
プレイ順としてはバッド→ノーマル→トゥルーだったけど思った以上にバッドエンドまでが長かったかも。

シナリオ本筋としては過去の本店の火事と告白を断った話に関する2点だったけど正直結構辛い内容だったかな。
主人公も里伽子もお互い不器用だとは思うけど特に里伽子はほんと不器用だなーって見てて思った。
告白を受け入れてからの里伽子の態度が別人みたいになったけどこっちが本来の里伽子なんだろうなーって思うとちょっと可愛いかも。
ご飯食べさせる場面とか特に可愛かった。照れてる表情とかほんと良い。

トゥルーエンドを見るためにはノーマルエンドを先に見ないと行けないんだけど個別後半で理由が分かった時はかなり心にぐっと来たかも。
確かに今までは主人公は里伽子の性格を見誤ってたとは思うけどあそこまで里伽子のために行動出来るのは凄いと思うし本当に好きなんだなーって思った。
行動が伴ってないとあの場面で主人公が話してた言葉って凄いチープな内容だとは思うけどそれを感じさせないくらい真剣で前向きに今の状況に向き合ってたのが印象的だったかな。
こっちはこっちで恵麻さんも辛い立ち位置だなーと思ったけど。ふりかけご飯のところはちょっと笑いつつもいい人だなーって再認識した。
最後のエピローグの部分はもう言うことは無いけどあの過程があったからこそ映える場面だと思う。
里伽子が諦めてた夢を主人公が腐らずに引っ張っていって二人で努力して掴んだと思うと凄い感動する。

エロは3枠。バッドエンド前2枠、以降1枠。
印象的なのは間違いなく最後の1枠かな。お互いの相思相愛っぷりが凄い良かった。

里伽子のキャラは前半と個別・後半でガラッと印象が変わるとは思うけどやっぱ個別をやった後だと物凄く愛着湧いたし好きになれると思う。
世話焼きだし何だかんだ助けてくれるし頼りになるししょうがないなぁって言われたいキャラ。
玲愛ルートでも思ったけど普段頼りになる子ほど実際は心が弱くて頼りたいって思う気持ちも強いから余計魅力的になるね。

ほぼ間違いなく10人に聞いたら10人とも里伽子ルートが一番良かったって答えるとは思う。
それぐらい出来が良かったと思うし個人的にも感動したし楽しめたシナリオだった。


__________________________________________


 総合評価:B+

前作よりも少し良くなったかな。当時にしては十分ハイクオリティだと思う。
CG構図は全体通して良いものが多かった気もする。
キャラデザも平均的に凄く良い。由飛、玲愛、明日香ちゃんあたりはかなり好み。


__________________________________________


音楽 総合評価:A-

OP、EDのボーカル曲が素晴らしい。OPのサビのメロディとか凄く頭に残るしいい曲。
由飛ちゃんの影響でピアノ曲が数曲入ってるのは嬉しいかな。
12/24のイベント分岐でジングルベル流れるのも結構良い。
シナリオ補正も入ってエオリアンハープとかほんと最高。各キャラテーマも良かった。

__________________________________________


システム 総合評価:B+

前作に比較して飛躍的に改善されたと思う。というより普通にストレスなくゲーム出来るようになった。
ログもちゃんと開けるしイベント選択肢も無駄が無くなったし凄く快適。
個人的にイベントチャートは結構良いなーと思えた。並行してどんなイベントがあるのかとかエンド分岐、重要イベントかどうか等分かるのは凄く良いと思う。
ゲーム内演出は抑え目な感じはしたけど見どころは捉えてる感じは伝わってきた。

__________________________________________


CV 総合評価:A-

どのヒロインもキャラと声は合ってると思うし特徴があっていいと思う。
個人的に玲愛と明日香ちゃんは特に合ってる感じがした。
シーンボイスは多少上手い下手に差があったかな。通常ボイス平均的に良い。

__________________________________________


その他

おまけは短編シナリオ3つで玲愛のキュリオ本店時代の話、ファミーユ本店の開店日の話、「つまんない恋」を題材にしたファミーユブリックモール店開店前の各ヒロインの話だったかな。
どれも本編プレイ後だと結構視界がクリアになるストーリーで面白かった。
特に好きなのは2章の話かな。ここでも里伽子はほんとに可愛かった。
3章の話もそれぞれメッセージ性があって短いながらちょっと感動した。


まとめるとほんとに面白かったに尽きるゲームだった。
とにかくキャラに愛着湧いたしどの個別シナリオ、共通も楽しんでプレイ出来た上にクオリティも高いと思う。
個別だと特に里伽子が目立っちゃうとは思うけど他のルートも平均して良かったんじゃないかな。
個人的に印象に残った場面ベスト3は「里伽子との和解とエピローグ」「エオリアンハープ」「恵麻エピローグ」かね。
キャラは何だかんだやっぱり明日香ちゃんと玲愛が好き。まぁでもやっぱり里伽子はシナリオがずるい。

既読テキストも複数回読んでたら思った以上に時間がかかってしまったけどそれくらい楽しめたしシナリオゲーとしてもキャラゲーとしても成り立ってるのは凄い。
お勧めできるゲームだと思うしショコラ→パルフェの順で是非やって欲しいゲームかな。


総合してこのゲームは 94 点くらいかな。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top