FC2ブログ
2019
07.01

LOVELY×CATION 感想など



(最終更新 8月19日)

ALL×CATIONの1作目。
hibikiworksのゲーム自体初めてだから楽しみ。

全て攻略完了。アイテム回収含めると結構おまけ要素コンプするのに時間かかったかも。


トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:A+


・共通 評価:-

新学期になって引きこもりがちの主人公が叔父さんに彼女を作るようミッションを与えられるという分かりやすい導入だったけど共通としてはアイテム選択の最初から個別ルートみたいなもんなので評価は省略。

シナリオ設定としてはオーソドックスな内容で分かりやすくシンプルなものだと思う。
生徒3人、先生2人から趣味やそれぞれキーとなるステータスをアイテム集めで上げていき仲良くなるシステムが軸となっている。
ただ選択肢を選ぶだけじゃないからひとによっちゃ面倒と感じる人はいるかもしれないけどゲーム性があって個人的には楽しめたかな。


・三朝√ 評価:A+

2019y07m28d_215341501.jpg

ジャージの女神様。

1週目で全てシーン回収完了。

体育教師・・・なんだけどこんな美人でスタイル良くて優しい体育教師いないだろ!って突っ込みを入れたくなったけど内容としては非常に良かったと思う。
授業中のケガから少しずつ親密になっていきお弁当を作ってきてくれたり部活のプールを見学したりして距離を縮めていく過程は見ていて楽しかった。
付き合う前くらいのお昼を断る場面は個人的に無いなーと思ったけどそれ以外の部分に感じては全体的にもキャラゲーの良さを前面に出せてるシナリオだと思う。

エロは7枠。場所やシチュ等さまざまで良かったと思う。
三朝先生自体も個人的な好みにかなりマッチしていてすごく魅力的だった。
やっぱり優しい年上の女の子って良いよね。

アフターストーリーの感想は各キャラまとめてその他のところで書く予定。


・綾√ 評価:A+

2019y08m17d_000514994.jpg

超辛党なゲーマー後輩。

1週目ではステータスが足りなくてシーン3つ取り逃したから2週目で感想追記予定。

食堂やゲーセン、アクアリウムショップで偶然が重なり仲良くなっていくというちょっと珍しい感じの話の展開だったけど少しずつ心を開いていく綾は滅茶苦茶可愛かったかな。
水族館や遊園地デートでも綾らしい楽しみ方だなーと思える場面が多く個性的ながらも読んでて面白かった。

シーンは7枠(内3枠取りこぼし)。
軽いS気が個人的にキャラとマッチしててかなり好みだった。
キャラ魅力に関しても最初は結構きつい態度だったから何とも言えない感じだけど後半はほんとに可愛い後輩で好きになれた。
ツンデレ寄りだけどどちらかといえば素直になれない系の性格だと思う。

以下、2週目追記感想↓

逃してたのはイタチさま、プリパラ、教室の3シーンだったけどどれもかなり好みだった。
特にプリパラのシチュは綾の性格も相まって照れてる場面がほんと可愛かったなー


・優希√ 評価:A+

2019y07m28d_215333032.jpg

明るく可愛いお嬢様。

1週目で全てシーン回収完了。

カラオケや美術館、ライブデートと個別ではイベント盛りだくさんでどれも見ていて楽しかった。
特に印象に残ってるのは告白の場面かなー 相合傘とかベタだけどそういうの好き。
ただ終盤の話自体は結構重めな話だったかも。
勉強とか習い事は出来るけど世の中の物事をあまり知らない優希が少しずつ知識が増えていって仲良くなっていく過程はキャラゲーとしてもかなり評価が高いかな。
正直第一印象はあんまり個人的な好みから外れてるキャラだなーと思ってたけど最終的には凄い魅力的に映ったからそういう意味でも面白かったと思う。

シーンは7枠。
無知シチュからオナニーまで中々ノーマルな範囲で用意されてたからよかったと思う。
基本明るく好奇心旺盛な性格だけどストレートに好意を伝えてくれるのが凄い良かった。自分も言われてみたい。

満足度はかなり高めだったかな。


・瀬良√ 評価:A-

2019y08m17d_000504810.jpg

学園のミスプリンス先生。

1週目ではステータスが足りなくてシーン1つ取り逃したから2週目で感想追記予定。

先生ならではのイベントや話が多く三朝とはまた違った面白さがあったかな。
ドライブやジム、夜景を見たりと結構大人なデートが多かったかな。
中盤のシリアスパートも瀬良らしい苦悩というかコンプレックスで読みごたえも〇

シーンは8枠。(内1枠取りこぼし)。
何故か瀬良だけシーン数が多いんだけど作成側の趣味なのだろうか。
年上巨乳好きならはまりそうだけど個人的には三朝先生のが圧倒的好みだった。
キャラ自体も結構好みが分かれそう。先生キャラ2人も攻略対象なゲームって意外と少ないかも。

今までやったルートの中ではやや見劣りするかなーと思ったのでこの評価で。

以下、2週目追記感想↓

逃してたのは腹筋勝負のご褒美だったけど瀬良らしい内容だったかな。
いい方向にプライドが高いキャラだから見てて不快にならないのは良いと思う。


・由仁√ 評価:A+

2019y07m28d_215321099.jpg

心優しく大人しい女の子。

1週目で全てシーン回収完了。

このルートに関しては他の4ルートと少し毛色が違ったので少し丁寧目に書くけどまず初めに由仁に対して好き嫌いが人によってはっきり出るシナリオだと思えたかな。
主人公視点と由仁視点でそれぞれ良かった点、悪かった点を以下に羅列する。

由仁視点⇒良かった点

1、恋人のフリの定番シナリオから少し逸れた内容で新鮮味があった。
2、最終的なまとめは綺麗で最後のシーンとかは由仁の魅力が前面に出ていた。

由仁視点⇒悪かった点

1、事実学年でトップクラスに可愛いとはいえ大人しい性格のキャラの割にナルシスト気味。
2、気持ちを伝える勇気が無かったのを理由に主人公を泳がせていた。

主人公視点⇒良かった点

1、欲望に忠実。(エロゲ主人公には大切な要素)
2、フリと分かっていても自分が傷つくまで由仁に協力していた。

主人公視点⇒悪かった点

1、キャラゲーコンセプトの割に凌辱気味なシーンが多め。(ぎりぎり許容範囲なシーンが多いけど)
2、結局傷ついていた自分の正直な気持ちを最後まではっきり言わなかった。

個人的には主人公よりも由仁の行動や言動が受け入れられるかがキーになってきそうだと思えたかな。
まとめがきれいだったし最後のシーンが良かったからこの評価にしたけどキャラで見たらそこまで好きとはなれなかったかな。

シーンは7枠。最後のシーンはかなり好き。
普段の態度や性格は結構良いかも。

__________________________________________


 総合評価:A+

キャラ立ち絵含めCGはどれも綺麗だと思う。解像度が低めなのがちょっと残念かな。
光の感じとか背景も綺麗な絵が多かったと思う。
作風にあったキャラゲーに合うテイストに仕上がってるんじゃないかね。

__________________________________________


音楽 総合評価:B+

インストに関しては平均程度の質だと思う。キャラテーマだと優希のinnocent smileが好き。
OP曲は結構さわやかな感じで聞きやすいんじゃないかな。

__________________________________________


システム 総合評価:A-

一番の特徴はラブリーコールシステムだと思うけど内容としては各呼び名に3種類くらいボイスを充ててるだけだから多少は違和感があるセリフがあったかな。
その他コンフィグに関しては標準的な機能をそろえてると思う。
ゲーム内だとアイテムやステータスがあったけどこれは人によっては面倒と感じる人がいるかも。
攻略見ずにプレイするとアイテムコンプするのがかなり大変そう。

__________________________________________


CV 総合評価:

ベテランの人もいれば初めて聞いた人もいたけどモブ含め全体的にキャラに合ってるし良かったんじゃないかな。
綾、優希あたりは結構好きかな。

__________________________________________


その他

以下アフターストーリーの感想

【瀬良】⇒コスプレメインで水着やメイド、スキー等バリエーションも豊富だった。最後のまとめも素敵。
【由仁】⇒正直この子のアフターストーリーで何回か頭おかしくなった。それくらい可愛くて魅力的な場面が多くかなり満足度は高いと思う。騎乗位無かったのがほんと残念だけどそれ以外は満点つけたいレベル。
本編でのもやもやした部分を全部払拭出来てると思う。
【綾】⇒引きこもりゲーマーな部分はそのままで綾のいいところを引き出してたシーンが多かったかな。最後の将来の話も綾の反応含め好み。あと晴れ着はめちゃ似合ってた。ゲーム中3番目の推し。
【優希】⇒この子はおかしい。何でこんな好みなアフターばっかりなんだってくらいシチュが素晴らしかった。ほんとに優希は好きって気持ちをストレートに伝えてくれるからキャラとしても好きになれた。ゲーム中2番目の推し。
【三朝】⇒女神は最後まで女神だった。浴衣、ハロウィン、私服どれもシチュ共にレベル高いしとにかく性格が天使で可愛い。ただ優しいってだけで完結しないキャラじゃないかなー
ゲーム中1番の推し。


アペンド含んでるとはいえこのボリュームはやりごたえあるし満足感もかなり高かったんじゃないかなー
あとはとにかく各キャラをゲーム内で大切にしてるなーっていうのと魅力の引き出し方がそれぞれ違うけどそれぞれ違った良さを引き出せてたのが凄いと思う。
由仁とかは特に本編は結構挑戦的なシナリオだったと思うけど個人的にアフター込みだったらかなり好きになれた。

キャラゲーでここまでキャラ、シナリオ、シーンの満足度が高いゲームは珍しいと思う。
やって良かったと思えたなー

総合してこのゲームは 90 点くらいかな。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top