FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.18

ぼくの一人戦争 体験版(第2弾)感想など


第1弾に引き続きアップされたので早速プレイしてみた。

あくまで体験版なので軽めに個人的な感想など。
シナリオ、絵、音楽、システム、CVとその他気になった点について簡単に。

__________________________________________


シナリオ

相変わらず第1弾に引き続き伏線をしきまくってるけど回収大丈夫なのか心配ではあるが、文章に引き込まれる感じは第1弾に続いてあったので良かったんじゃないかな。
第2弾やれば少しは見えてくるかとも思ったけど別にそんなこともなくむしろ余計分からなくなる点も数点出てきて頭がこんがらがりそう。

結局主人公は誰なんだろうなー 永治がボッシュートされて結局蓮司が主人公でこの先話が進むのだろうか。
長門は黒幕ではなく実は他に裏で手を引いている首謀者が存在するのか。
”会”と呼ばれるものは何なのか。それは戦争と同義語なのか。結局主人公は兵に選ばれたのか。

うーん、全部分からんのでとりあえずこれ以上考察しようがないかな。

でも全体的にやってて楽しめたので好感触だった。

__________________________________________




新たにCG数枚見たけど特に良く悪くもない感じ。
主張しすぎない感じな絵は今作の作風とマッチしてるんじゃなかろうか。

__________________________________________


音楽

ほぼ第1弾と同じなので省略。

__________________________________________


システム

第2弾の部分から一般的なエロゲベースのレイアウトに変更されてたね。読みやすい。
システム面に関してはまぁそこまで不備があるようには感じなかった。
レイアウト的には第2弾のスタイルを製品版も維持していくのかどうなのか。

__________________________________________


CV

向坂といい長門といい不気味な感じのキャラのCVがゾッとしてていいね。
基本的にこれも第1弾と変わりないので省略。

__________________________________________


その他

やってて楽しめたのでとりあえず購入は確定として今の時点で色々考察するのも楽しいよね。
自分は読解力がないから少し捻られるだけでも訳わからなくなるからあんまりこういうストーリーを読むのには向いていないのかもしれないけど。

初あかべえ初るーすぼーいは一人戦争になりそう。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
01.02

運命線上のφ 感想など


(最終更新 2月28日)

ようやく完結。ものすごく時間かかった。
プレイしてた期間自体は1か月くらいだったけど間に1か月くらい全くプレイしてない時期があったのもあって丸2か月かかってしまった。
色々と総評を。

トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:C+


・共通 (探偵編) 評価:B-

抜刀で選択肢を切り運命を切り開くってシステムが斬新で面白い試みだと思う。
選択肢を切る演出とかカットインとか色々工夫されてるなーと。どちらかといえばこれはシステムのところに書くべきことかもしれないけど。

ストーリーはうーん、前作、前々作と比較するとやや面白味に書ける展開だった。
ギャグというかテンポが少々悪い。秘宝の話に移って推理していく所くらいから面白くなっていったので一概につまらないわけではないけどね。
背景がすごい色々あって移動が多めに感じた。推理ものっぽい。

キャラに関しても凪咲と果凛はまあまあキャラが立ってた気がするけどリーニャと紫乃が個性薄く感じたかな。
個別入るとまた変わるのかもしれないけど紫乃とか特にメインヒロインなのに何か果凛とか凪咲のがメインっぽくないか?と思ってしまうほど影が薄かった。ランプにしては珍しい。

(追記)
後からやって凪咲メインのパートを選んでた事を把握。

日常C、推理部分B、総合B-。


・凪咲√ 評価:B-

2015y02m28d_192815437.jpg

小柄な体系で胸が大きいって何かいいね。
特別好きな胸の大きさは無いけど凪咲みたいなおっきいのも良いし果凛みたいなちっちゃいのも良い。

個別のシナリオに関してはいつものバカゲーサイドのランプのシナリオに変わりなかった。
序盤少し退屈だったけどイチャラブ感とエロは中々良かったんじゃないかな。
シリアスになりすぎてなくストレスも感じなかったので今作のゲームの雰囲気にはマッチしてるんじゃなかろうか。

日常C、エロB、キャラB、総合B-。


・結子√ 評価:C+

派生END。この子のENDがあると思ってなかったから驚いた。
病気を斬ってしまう主人公の言霊は凄いな。反動に関しては結局分からないままだけど。
展開が唐突過ぎるけどランプの派生シナリオっぽい手堅い感じだった。

サブキャラなのにエロ2回健在しておりお話も短いながらもサイドストーリーとして機能しているので派生としては出来はまあまあ良い方ではないか。
今のところ紫乃やリーニャよりヒロインっぽいけどねこの子。


・共通 (剣豪編) 評価:D

うーん、ギミックによって設定が全く変わったりするのはいいんだけど肝心の日常パートが物凄く退屈だった。
はっきり言ってこの日常パートはつまらなかった。

主人公をコケに使っていじる場面は誰得なの?個人的には不快でしかなかった。
別に主人公をカッコよく書いてほしいんじゃなくてヒロインの魅力を引き出たせるシナリオを書いてほしい訳ですよ。
絵のモデルの話のところとか特に一番イラっとした。全く面白くないし魅力どころか凪咲除いたヒロインがちょっと嫌いになった。

妖の絵の話とか本筋は悪くないんだけどそこに至るまでのシナリオがダメダメ。
今までやったランプ作品の共通じゃ最底辺の出来栄えだった。


・紫乃√ 評価:C+

2015y02m28d_192806828.jpg

うーん、無難としか言いようがないかな。
エロはいつものランプクオリティでいいと思うけど後半に詰め込み過ぎだし読んでてそこまでわくわくしなかった。
紫乃自体のキャラはいいけど何か魅力が引き立ってなかったかな。
悪くはないけど良くは無い感じか。共通よりは全然読めたかな。


・共通(旅情編) 評価:B-

探偵、剣豪ときてこれをやったけど共通パートは一番出来が良かったんじゃなかろうか。
何よりリーニャを可愛いと思える場面が多く雰囲気も一番良かったと感じた。

他の共通だとリーニャって何か割と毒吐いてるイメージがあって好きじゃなかったけどメインのパートだと中々良かったんじゃないかな。


・リーニャ√ 評価:B-

2015y02m28d_192826517.jpg

共通に引き続きキャラ魅力もそこそこ引き出しておりgood。
まとめ方も綺麗だったと思う。ただあの守田のロボット爆破させるギャグはどうなんだ。
エロに関しても良かったんじゃないかな。そこまで印象に残る場面もなかったけど。

ランプ特有の平凡な良さが感じられる共通と個別だった。


・共通(執事編) 評価:C+

うーん、設定としてはいいんだけどやっぱり出だしがイマイチ。
果凛の母親の手紙のギャグとかも割と寒いし別に普通に執事を依頼として来させて始めればよかったんじゃないかな。
別にギャグに徹底しきってるバカゲーでもないんだから真面目にやるところは真面目にやって欲しかったかな。

主人公と果凛それぞれが惹かれあう原因も何か弱く感じた。


・果凛√ 評価:B-

2015y02m28d_192840897.jpg

付き合い出した後からは大分持ち直した感じはする。
言霊の話も一番すっきりする結末だったし綺麗な終わり方だったんじゃないかな。
まぁおじじ的にはあのENDはBADENDなのかもしれないけど。

エロも中の上といったところか。口調とロリが好きな人なら割とツボキャラになりうるのかも。


・ハーレム√(探偵編派生END) 評価:C+

あると思ってなかったので驚いたけどバカゲーらしさ全開のシナリオで面白かったと言えば面白かったかな。
メインの探偵編よりも探偵してた感じがしなくもない。
まぁ派生ENDだしこんなもんじゃないかね。良くも悪くもない感じか。

__________________________________________


 総合評価:B+

前作、前々作に比べると劣化してる気がしなくもない。
全体的にレベルは高いが萌えたけさんメインにしてはイマイチだったかな。

今作はキャラの個性も全体的に薄く感じたかも。

__________________________________________


音楽 総合評価:B-

ボーカル曲ならED曲は結構気に入ったかも。
インストに関してはいつも通り無難な曲調のものが多く取りとめて何か書くようなことはないかな。
何気に佐倉沙織と萌えたけ原画のコンビはナーサリィ以来なんだね。

__________________________________________


システム 総合評価:A+

抜刀システム、チャート、ひみつ手帳など様々なシステム面の工夫がなされていてとてもいいと思う。
でも流石に執事編の青鬼はどうかと思うんだ。あれは回収するの地味に苦労した。
マジチャの時も思ったけど結構面倒な作業やらせたがるよねランプって。

ただ工夫自体はどれも面白いと思うしレベルの高いシステムじゃないかな。
もうすこし分岐を楽にしてほしいとは思ったかも。攻略ないと青鬼とかはかなり厳しそうだ。

__________________________________________


CV 総合評価:B+

良くも悪くもないといった感じだが、下手に感じるCVもいなかったのでこんなもんじゃないかな。
キャラにも全員合ってると思うし特に不備はない感じか。

__________________________________________


その他

いつものランプにしては共通が特に出来がイマイチに感じた作品だった。
個別はいつものランプの良さがあっただけに少し勿体ないかな。
ただ抜刀システム等システム面に関してはマジチャより良かったと思うし、面白いギミックも多くて楽しめた。
日常パートのシナリオを面白く書くってのはかなり難しい事だと思うけどキャラゲーとして売り出してるメーカーだから頑張ってほしいね。


総合してこのゲームは 72 点くらいかな。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。