FC2ブログ
2020
05.11

どっちのiが好きですか? 感想など



(最終更新 7月4日)

HOOKソフトでは初めてのプレイ作品かな。
コンセプトとキャラに惹かれて購入。楽しんでプレイ中。

全て攻略完了。キャラゲーの中でもかなり気に入った。


トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:A+


・共通 評価:B+

共通の中でも共通前半はほんとにヒロイン4人との日常パートを順繰りしていく内容で後半は1キャラに絞って仲良くなっていくパートになってる都合上共通前半部分のみの感想をここに書こうかな。

一般的なギャグベース強めのキャラゲーで系統としては姉妹ブランドのSMEEの雰囲気に近い気がしたかな。
パロネタとかは少な目であくまで日常ベースで書かれてたのが個人的な好みにマッチしたかも。
各キャラ紹介から一通りの人なりが分かるザッピングに近いような日常パートだったのもありテンポは良い。
ギャグベースということもあり人によって合う合わないはあるとは思うけどSMEEやアサプロほど癖は強くないからプレイしやすそうな感じはしたかなー

キャラははっきり性格も分散してる4人だから好き嫌い分かれるだろうし評価は割愛。
ただ個人的には圧倒的に芽愛ちゃん推し。あのアホ過ぎないアホの子具合が絶妙で可愛かった。


・芽愛A(リードする)√ 評価:S

2020y07m04d_133353158.jpg

ドMなアホの子後輩。

リードする、されるで個別が2ルートあるから「リードする」方で共通後半+個別の感想を書こうかね。
所感では「リードする」が一般的なゲームの個別パートっぽいなと感じたかも。

正直言ってキャラに関して言えばこの子目当てだったこともあり一番好きなキャラを最初にプレイしたのは久しぶりだったけど滅茶苦茶良かったに尽きる。
基本先輩後輩のやり取りといじられキャラのギャグベースの2本で共通後半も進んでいくけど少しずつ意識しあって告白まで行きつくあの過程はキャラゲー的には満点だと思う。
告白の場面も個別パートもほんと芽愛ちゃんの恥ずかしがり屋なところとか一生懸命なところとかが伝わってきて共通最初の時よりも二段階も三段階も好きになれたなー
ハンドメイドのくだりもしっかり個別パート全編に渡って書かれてたから後付け感もないし最後のまとめも綺麗であの公園のCGの場面とか物凄く好み。印象深かった。

エロは4枠。割とシチュが被り気味?なのがちょっと気になったかな。
ただどれもシーンのテキストも甘くて凝ってると感じられたから飛ばさないで読むこと推奨かも。

後輩キャラとして一つの理想のキャラだと感じた。
最初からこれだけ個人的に評価良かったらちょっとあとの7ルートががっかりしないかちょっと心配。


・芽愛B(リードされる)√ 評価:S

2020y07m04d_133407209.jpg

シナリオ内容としては告白以降の場面が全て分岐されて全く別の話になっていたかな。

まず告白場面だけどこれはダントツでこっちの方が好みだった。
リードする方も照れてる芽愛ちゃんが見れて良いんだけどこっちのちょっと背伸びしてる芽愛ちゃんはほんとに可愛かったし好きな気持ちが凄い伝わってきて最高だった。

恋人パートも彼女としていい女になるために努力したり喜ぶことをしてあげたいって気持ちが前面に出てて期待通りというかそれ以上の内容だったと思う。
リードする、されるどちらもギャグベースなのは崩してなかったけどキャラゲーとして一番大事なヒロインの魅力って要素に影響しない程度に盛り込んでたから読みやすく日常パートも頭に残ったかな。
エピローグ前の話は正直リードする方のシナリオが良すぎたこともあり一段評価は低くなったけどああやって見えない場面でも主人公を一途に想う描写はグッときた。
正直個別が終わってしまうのが嫌すぎるくらい気に入っててかなり読み進めるのもゆっくりにしてた。
あとはエピローグの朝の一幕はかなりお気に入り。こんなお嫁さん欲しい!

エロはこちらも4枠。シチュは被ってたけどテキストはリードする、されるで違ってるから必見。

元々芽愛ちゃんは4キャラ中一番第一印象で好みだったけど個別を2つやって更に好きになれたかも。
どちらかといえば芽愛ちゃんはリードされるの話の方が好きかねー


・摩耶A(リードする)√ 評価:A-

2020y07m04d_133418507.jpg

ドS生徒会長。

共通まででは一番性格が尖っていることもあり苦手だったけど共通後半~個別前半にかけてかなり印象が変わったかも。
個人的には一番推したい場面は告白のところかな。
普段攻め立てるキャラなだけに推しに弱い部分がここではっきり出てたから見てて楽しかった。

個別中盤から後半にかけてはかなり好みに個人差が出る内容だと思う。
恋人ルールだの束縛気味でめんどくさい恋人って方向性で日常パートが進んでたから合わない人にはとことん合わなそう。
ただ逆に言えばそれだけ一途に想ってくれてるともとれるからまぁあんまりキャラゲーでは見ない話だったし新鮮味はあったかも。
まとめの劇の話や衣装の話も摩耶らしいというか独特な性格が前面に出てたかな。

エロは4枠。芽愛ちゃんの時にも思ったけど結構シーンのバリエーションというか構図が似たり寄ったりなのがちょっと残念かな。
キャラゲーという部分を差し引いてもちょっとシチュのパターンを変えて欲しいかも。
ただテキスト自体はこっちも中々良かったと思う。

共通はじめと個別終わりでガラッと印象が変わったキャラだと思う。


・摩耶B(リードされる)√ 評価:A+

2020y07m04d_133507472.jpg

告白場面はキャラゲーにしては珍しいというかすごく自然な感じで話が進んでたけど逆に凄く好みだったかも。
みんなのいる教室でこっそりって展開は中々グッときた。

その後の個別に関しても正直リードすると比較してもめんどくさくて可愛げのないって部分はもちろん摩耶だから変わらないんだけど嫌味は一切感じなかったし日常、ギャグどちらも凄く楽しめた。
まとめの話はちょっと後付け感はあるけど摩耶の性格を形成する話でリードすると比較してもこちらの方が好き。
あとはエピローグだけどここが個人的に告白の場面に次いで気に入ったかな。
何というか摩耶と主人公の会話のやり取りが良すぎる。
この二人だから出来る会話なんだろうなーって見てて微笑ましかった。

エロはこっちも4枠。シチュは変わらずだけどエロもこっちのが良かったかな。
浴衣はやはり良い。

全体を通しても圧倒的にリードされる方がシナリオは好みだった。


・ハンナA(リードする)√ 評価:A+

2020y07m04d_133524642.jpg

綴葉女子のお嬢様。

共通序盤から優しい性格なこともあってお嬢様らしい上品な雰囲気とか日常パートを満喫できたと思う。
告白の場面もメッセージから実際に会ってって流れはあんまり見ないから新鮮だった。これはこれで好きかな。

個別に関してはちょっと会話パートが冗長気味だったけどデートとか恋人ならではの雰囲気は味わえたから概ね良かったと思う。
あとは全編通してリサちゃんのキャラの良さが際立ったかな。立ち位置的にも凄く良かった。
まとめに関しては家族の話だったけど朱鷺崎の話とうまく絡めて綺麗だったと思う。
家族の話とか結構弱いからハンナの母親の言葉とか結構刺さった。
エピローグのCGは凄い絵になるね。ハンナちゃんほんと綺麗。

エロは4枠。少しハンナが変態気味かも。
好きな気持ちが前面に出てていいね。

共通中盤~告白、個別終盤以降が特に良かったかな。


・ハンナB(リードされる)√ 評価:S

2020y07m04d_133550828.jpg

まず告白場面だけど三谷さん再登場でベタではあるけどこっちも結構ぐっと来た。
ガラス越しのあのCGも雰囲気出せてて凄い好み。

個別序盤から中盤にかけても基本ハンナの優しい性格が前面に出てて良かったんだけどそれだけじゃなくてこっちは尽くしてくれるって予想がプラスされてさらに魅力が倍増してた気がする。
個人的にメイドさんごっこの話はかなりツボ。
というよりハンナのキャラに合い過ぎてるし日常パートもめいっぱい楽しめたと思う。

まとめのハーバリウムの話は全個別ルートの中でも屈指の出来だと思う。
リードする方では母親、リードされる方では父親の話ってところがもう何かグッと来る。
あとはこっちでもリサちゃんのキャラの良さが光ってたと思う。凄く良い姉妹。
エピローグのバレンタインの話もかなり好き。ここでもリサちゃん活躍してるのがまた良い。

エロは4枠。
お風呂と浴衣差分の影響でこちらの方が全体的にリードするより好みだったかな。
こっちも中々ハンナは変態度高め。

シナリオだけなら今のとこ一番好きだったかも。
ハンナのキャラ自体ももっと好きになれたと思う。


・小柚子A(リードする)√ 評価:A-

2020y07m04d_133559691.jpg

学園の先輩+アパートのお隣さん

正直言って告白前までの日常パートはかなり苦手とかいうか好きになれなかった。
相手の好意を知ってそれを利用する高飛車な性格をしてたからちょっとしんどかったかも。

告白の場面はお隣さんの設定を活かしたシンプルなものでそこそこといったところ。
個人的に推したいのは個別パート全般かな。
付き合う前までの性格とはほんと変わり過ぎてて別人みたいだった。
やきもち焼きで好意をちゃんと伝えてくれるし付き合ってからはほんと好きになれたかも。

まとめやエピローグはシンプルながら手堅い感じに仕上がってるしこういう関係いいなーと思えた。
方向性としては摩耶Bのエピローグが近いかも。

エロは4枠。結構リードする側の割に積極的だったかな。
色の濃い浴衣が小柚子と合ってたかも。

付き合う前がもうちょっと抑え目な性格だったら個人的な好みにマッチしたかも。
付き合ってからは正直文句なしで楽しめたと思うけどそういうギャップを盛り込んだのかねぇ。
個別だけで評価するならA+だけどちょっと勿体ない。


・小柚子B(リードされる)√ 評価:A+

2020y07m04d_133619177.jpg

告白の場面はこっちの方が好きかな。
教室のロッカーの中とか定番ではあるけど何か良いよね。

個別全般通してリードするのシナリオよりは年上先輩キャラを上手く引き立たせてたと思う。
リードするがやきもち焼きのちょっとギャップのある先輩キャラだったのがこちらでは主人公が頑張ってるから私も頑張らないとって方向に話が進んだのも自分の好みだったかな。

特に気に入ってるのは終盤とエピローグの話かな。
割とリードする方のシナリオよりも将来の夢について掘り下げて書かれてたのも良かったし何より母親が言葉が良い。
あとはエピローグのシーンも凄く好き。
ああ言う軽口叩ける関係って凄くいいなーって思えたかな。

エロは4枠。シチュもこちらの方が良かったかな。
CGも全体的にこちらのが好み。

告白前の場面を考慮してもまとめが良かったのもあり小柚子はこっちのが良かったと思う。

__________________________________________


 総合評価:A+

8ルートあることもあり少し使いまわしが多かったけどそれを差し引いても抑えるところは抑えれてると思う。
CGももちろんいいしキャラデザも良かったと思う。芽愛、ハンナちゃんはやっぱり好き。

__________________________________________


音楽 総合評価:A+

意外といったら失礼かもしれないけど曲が凄く良かった。
インスト曲のキャラテーマアレンジがどれも素晴らしい。ちゃんと8種あったし出来もいいと思う。
後は音楽鑑賞のところの曲選択が凄くおしゃれでいいなーと思えた。
こういう小さな工夫って凄く良い。

__________________________________________


システム 総合評価:A-

環境設定に関しては特に不備もなく標準的な仕様だと思う。
ADVとしては選択肢も少な目でストレスなくプレイしやすい。
コンセプトのリードする・されるでシナリオが違うって点はシナリオの方にもそれぞれ書いたけど凄くキャラゲーとマッチしてていいシステムだったんじゃないかな。

__________________________________________


CV 総合評価:A+

各ヒロイン、その他含め声もあってて良かったと思う。
キャラ補正もあってかやっぱり芽愛とハンナが好きかな。

__________________________________________


その他

リードする・されるで各ヒロインが2ルートずつ個別シナリオが見れるってコンセプトは実際プレイしてみてキャラゲーと凄く組み合わせの良い内容だなーとクリアしてみて感じたかも。
その分個別パートが長くはなるけど8ルートとも大きなハズレは無かったと思うし日常・ギャグ・まとめパートそれぞれのバランスも良くキャラも4人とも魅力的だったし個人的にかなり気に入ったゲームだったかも。

正直癖も少な目だからおすすめもしやすいし初心者からヘビーユーザーまで幅広く楽しめるゲームだと思う。
キャラゲー好きなら進めたい作品だったかな。


総合してこのゲームは 92 点くらいかな。


スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2020
05.05

バタフライシーカー ~カオス・ナイトメア~ 感想など



(最終更新 5月5日)

本編が凄く気に入ってたのでスパンは空いたものの是非プレイしたかった作品。
全て攻略完了。期待通りのクオリティだった。


トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:S

2020y05m05d_174918424.jpg

全編通して凛子ルートだったので感想は一纏めで。分岐無しの一本道だったしね。

内容は連続女性斬殺死体遺棄事件を解決していくというものだったけど凛子の過去の事件との関連性やムシクイメンバーと新キャラの凛子の絡ませ方も凄く上手かったと思うし完成度は高いと思う。
本編にあった引き込まれるような面白さも健在で各キャラが協力して事件解決に向かう方向性も相変わらず見ていて熱い展開だった。
個人的にはそもそも本編終盤の時点で続きのシナリオを作りにくい構成にしてたから凛子交えてどういう筋書きにするか気になってたけど納得できる範疇に収めてきたのは見事だと思う。

2020y05m05d_174940858.jpg

事件についても細かいところまで伏線を張り巡らして終盤視界がクリアになっていく感じはこの手のサスペンスもののゲームでは面白さの根幹になってると思うけど十分堪能できたかな。
探査とかビジョンとかファンタジー要素もご都合主義が前面に出ない範囲にとどめてたしキャラ同士のやり取りも面白かった。
不満を言うとすれば少しボリューム不足かなと感じたかも。
凛子のストーリーにプラスして各ヒロインの後日談みたいなショートストーリーもあればもっと良かったかなー

凛子のキャラに関しては典型的な終盤デレると滅茶苦茶可愛いタイプのキャラで少しずつ心を開いていく過程を見るのも楽しかったしちょっと切ない感じの終わり方も凛子らしいといえばそうなのかも。
・・・まぁでも正直これ以上は主人公にとっても凛子にとってもシナリオ書きづらいだろうなーとは痛感した。

エロは2枠。実質1枠みたいなものだけどこれも本編やってたら少なさには納得できるとは思う。
ムシクイメンバー同様ほんと良い子で魅力あるキャラだと感じた。


__________________________________________


 総合評価:A-

本編同様クオリティも変わらずかな。
凛子のキャラデザは結構好き。というよりあの最後の凛子のCG絵が滅茶苦茶良い。

__________________________________________


音楽 総合評価:B+

OPの曲は本編と違って結構カッコいいというか雰囲気違ってたけどこれはこれで良かったかな。
他インスト曲とかはほぼ変わらずなのでコメントは省略。

__________________________________________


システム 総合評価:A+

これもほぼ本編と同じだから書くことは無いかな。
ムービー無かったのはちと残念かも。
推理パートのシステムも本編とそのままで楽しめた。

__________________________________________


CV 総合評価:A+

凛子含め追加キャラそれぞれ良かったと思う。
凛子のイメージにもあってたし多方面で魅力が垣間見れたかな。

__________________________________________


その他

本編のバタフライシーカーが個人的に物凄く刺さって面白かったからFDは絶対やろうと思ってたんだけど期待通りというかまとめにくい状況でよく綺麗にシナリオがまとまったなーと感心したかも。
直近にきまテンをやってたのもあるけどここのブランドはほんとシナリオ面で凄く先が気になる展開というか全体構成が上手いから今後もこの路線のサスペンスものの作品を出して欲しいなーとか思った。
機会があれば似た系統の作品はプレイしたい。

ただちょっとシナリオのとこにも書いたけどミドルにしてはちょっとボリューム不足感は感じたかも。
欲を言えば各ヒロインのアフターとかオマケシナリオみたいなのがあれば尚よかったかな。


総合してこのゲームは 89 点くらいかな。


Comment:0  Trackback:0
2020
02.20

喫茶ステラと死神の蝶 感想など



(最終更新 4月5日)

記事更新としては久しぶりな気がする。
しばらくは新しめの作品をプレイ予定。

全て攻略完了。安定感はあった気がする。


トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:A-


・共通 評価:A-

ここのブランドらしい雰囲気明るめの話というか喫茶店をオープンするまでの話と蝶を回収する話の二つが平行して進んでたかな。
過去作と比較するといつもよりは日常色が強めでファンタジー要素はそこそこといった比率かも。
というより冒頭から幼馴染にお世話されまくってるってのがまた非現実的でエロゲっぽい。

直前にパルフェをプレイしてたのもあってか明らかに意識してるなーと思える部分が散りばめられててちょっと面白かった。
リスペクトというかオマージュというか少し感じたかも。

個人的にお医者さんの子供の話は結構ぐっと来た。
ちょっとウルっと来たしシナリオ自体も共通通してテンポよく楽しめたかな。


・愛衣√ 評価:B+

2020y04m05d_162727861.jpg

前髪と日焼けが特徴的な元気な女の子。

個人的に告白までがピークかなーってのが正直な感想かも。
バレンタインを軸にするのは手堅いと思うけど外野がちょっとやかまし過ぎるかな。もうちょっと控えめなくらいがちょうど良さそう。
あと思ったのが個別入ってから何か主人公の性格が変わったというかちょっとおかしい。
特に顕著なのがシーン中のセリフだけどあの愛衣に引かれるくらいの発言連呼はギャグのつもりなのかそういう性癖を持った人がシナリオ書いたのかは分からないけどあんまり良いと思えなかった。

後半の左目と蝶の話はあっさり目のファンタジーのシナリオとしてはそこそこだけどフルプラ作品の個別としてはキャラゲーって部分を考慮しても少し弱い気がした。
親友の子のストーリーについてもやっぱり過去にどれくらい愛衣と仲が良かったのかって描写が全く無いからいきなり突き放すような険悪な会話見せられてあんまり感情移入出来なかった。
主人公の励ましについてもちょっとチープに感じたかな。
ただ愛衣自体は可愛いと思う場面がそこそこあったしCGとかも魅力を引き出す絵が多かったからその点は良かった。
エピローグ付近のまとめは綺麗でいいと思えたかも。


・希√ 評価:A-

2020y04m05d_162647106.jpg

家事万能巫女さん幼馴染。

基本的に赤磐神社にまつわるというか赤い蝶の話がメインだったけど幼馴染から恋人、告白以降の日常パートもバランスよかったと思うしキャラゲーとしては十分な内容だと思えた。
ただところどころ表現がチープというか読み物として引っかかる部分が特に個別序盤の方で見られたかも。
赤い蝶のシナリオでも少し過程の描写が甘いかなーと感じた部分もあり。

一番良かった点は希自体が可愛い所だと思う。
ちょっとあざとすぎる気もするけどこの手のゲームのヒロインなら十分じゃないかな。
シーンに関しても一通りはスタンダードなシチュを集めてるから十分実用性もあると思う。
巫女服、ウェイトレス服、学生服・・・分散のさせ方も良い。
ここのブランドのキャラにしては結構癖の少ない万人向けのヒロインかも。

個人的にももう少しだけシリアス薄目の方がキャラゲーとしては好みかもしれないかな。
巷の評価で希ルートはあんまり・・・って聞いてたけどそんな悪くなかったしむしろ良かった方だと思えた。


・ナツメ√ 評価:A-

2020y04m05d_162629939.jpg

孤高の撃墜王。

前半は赤磐神社の屋台ヘルプで中華まんを売る話、後半はナツメの過去の思い出とステラの話だったかな。
個人的にはシリアス、日常パートの分別もしっかりつけれててどちらも楽しめたので良シナリオに感じた。
告白の場面というかファーストキスの部分は結構好き。パルフェの玲愛をちょっと思い出したかも。

後半のお店の話はちょっと過程描写が甘いかなーとも感じたけどまとめも綺麗でナツメの考え方というか心の成長も見れたので読み物としてもいいと思う。
序盤の頃に比べると雰囲気も随分柔らかくなってたしそういう表現が印象的だったかな。
ただまぁ個人的にあんまりナツメみたいなキャラが好みじゃないって点と共通と主人公の性格が結構変わってて違和感を感じた点がちょっと残念かな。

シーンに関してはゆずの黒髪キャラ=Sキャラって決まりでもあるのかって内容が多かったかな。
あと指舐めとか目隠しとかその辺入れてくるあたり作成側の性癖を感じたかも。

シナリオに関してだけ言えば今のところ一番良かったと思う。
ちょっと主人公に違和感があった点以外は内容もいいんじゃないかな。


・栞那√ 評価:A+

2020y04m05d_162608777.jpg

色情淫乱死神娘。

前半が栞那の死神の話、後半が主人公と親父の話だったけど個人的には良く出来てるシナリオだと感じた。
総合して見てみるとメイン4人の中じゃ一番良かったと感じたかな。

死神の話はサノバウィッチのリスタートを彷彿とさせる内容だったけどひと手間加えたというかサノバの反省を踏まえたというかちょっとややこしい話だったかも。
個人的にはサノバのあのシナリオはNTRでも何でもないと思ってるけどそういう人向けに今作はシナリオを捻ったのかなーと勘ぐってしまったかも。
でもまぁそれよりも気になったのは栞那とナツメルートの主人公だけやたら個別入ってから積極的な性格に変わったなーと思った。
複数ライターだから仕方ないのだろうけどもう少し全編通して統一感を出してほしいかも。
一部中盤の消える部分についてはちょっと展開が駆け足気味だったかな。

後半の親父、家族の話はここのブランドにしては結構シナリオ寄りに振った内容で驚いたかも。
その分エロの多さで調整してるのかは分からないけど最後のエピローグ部分とかその少し前の話とか結構心に来たかも。
あと充優は可愛い。

シーンに関してはまぁもともと栞那が変態なこともあってか枠が多かったけど個人的にお風呂シーン2つあったのは嬉しい。
シチュはスタンダードな内容だったかねー

栞那のキャラは癖も少な目で死神って設定が無かったら結構薄味な性格だと思えたかも。
人によってはちょっと物足りないと感じるかもしれないけど万人向けではあると思う。
メインキャラだと希>>栞那>>愛衣>ナツメの順になりそう。


・涼音√ 評価:A+

2020y04m05d_162817092.jpg

ロリパティシエお姉さん。

共通パートの続きというか涼音の蝶の原因にフォーカスした内容だったけど恋愛パートにおいても恋人パートにおいても非常に完成度は高いと思う。
というか正直メイン4人よりも涼音ルートの方が個人的に雰囲気好きかも。
照れてるとことか思いやるところとか魅力的に映る場面が多く良かったと思う。

エロは3枠だったけどサブヒロインにしてはシーン多めだなーと感じた。
内容はともかく個人的にはもう少し日常パートが見たかったしグランプリの後の話ももう少し掘り下げて読みたかったなー

サブルートにするには勿体ないくらいの出来栄えだったと感じた。


__________________________________________


 総合評価:S

いつも通りのクオリティだったかな。特に悪い部分は見当たらなかったと思う。
SDも相変わらずレベル高いし文句ないんじゃないかな。
今回のキャラデザも良かったと思う。希可愛い。

__________________________________________


音楽 総合評価:A-

過去作と比較するとちょっとインパクトに欠けるというかいつもよりかは目立たなかった印象はあるけどインストとボーカルどちらも平均以上の質は保ってるんじゃないかな。
ここのブランドのEDは見てて毎回凄いなーと思う。ボーカル曲にも力入れてるのは良いよね。

__________________________________________


システム 総合評価:A+

ゲーム内演出、コンフィグ面含めどれも前と同じで使いやすいと思えた。
フローチャートやお気に入りボイス等良い所はそのままで全体的にも良かった。

__________________________________________


CV 総合評価:A+

ベテランからあまり見ない人まで様々だったけどキャラに合ってて良かったかな。
特に不満は無いかも。

__________________________________________


その他

アフターストーリーはサブヒロイン含め各キャラシーン1つずつのショートストーリーだったかな。
個人的にはキャラ補正もあるだろうけど栞那と希が好きかも。
でもまぁ希ルートのテキストは確かに人を選びそう。5000兆円とZ判定はちょっと面白かったけど。

全体的にもゆずソフトらしいいつもの安定感と標準的なキャラゲーの面白さを兼ね備えた作品になってると思う。
あと思ったのは最近のサブヒロインのルートが滅茶苦茶良いと思う。
ほんとメインにして欲しいって思えるルートが多いから今後も楽しみかも。

ちょっとプレイ期間が長引いてしまったけど最後まで楽しめたかなー

総合してこのゲームは 85 点くらいかな。

Comment:0  Trackback:0
2019
10.03

LOVELY×CATION2 感想など



(最終更新 12月7日)

ALL×CATIONの2作目。
前作が良かったのでこれも楽しみ。

2週目、アフター含め全て攻略完了。ヒナちゃん&星音ちゃんの2強だった

トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:A+


・共通 評価:-

共通に関してはほぼ前作と似たような感じなので割愛しようかな。
今作ではナチュラルに学生の一人暮らしだからその辺は前作よりシリアスでは無いかも。

ご近所さんの日向ちゃん、行きつけのレストランのウェイトレス姫ちゃん、海岸公園にいる不思議な女の子星音ちゃん、学園の先輩和琴先輩の4人の紹介がメインかな。
第一印象では日向、姫の2人が可愛いと思ったかも。

アイテム選択に関しては前作よりも少し複雑?になってるかも。相変わらずこれは人を選びそう。


・星音√ 評価:A+

2019y12m07d_222157595.jpg

感情を表に出せない優しい女の子。

1週目ではステータスが足りなくてシーン3つ取り逃したから2週目で感想追記予定。

話の軸は演劇に憧れてるけど感情や表情が上手く出せない星音が恋愛を通して心が成長していくってところだと思うけどここまで表情が乏しい子なのに可愛いと思えたのは凄いと思う。
結構趣味が特撮だったりたくさん食べる子だったり個性的な子だけど心優しい感じがルート通して前面に出てきて凄く魅力的に感じたかなー

エロは11枠。(内3枠取りこぼし)
普段あんまり表情出さない子だけにシーンが凄く映えてると思う。
スタイルも凄くいいから絵になるしマイペースな感じも星音に合ってたと思う。
吉野家の牛丼は美味しいよね。

EDのピュア・ブロッサムは星音ちゃんが一番似合ってたし好きかも。

アフターストーリーの感想は前作同様各キャラまとめてその他のところで書く予定。

以下、2週目追記感想↓

逃してたのは水族園イベントとミルク、水着、エプロンシーンの3つ。
正直3つとも結構良かったかな。ミルクの奴は発想がアホだけど面白かった。
星音ちゃんは従順でほんと可愛い。



・和琴√ 評価:B+

2019y12m07d_222145010.jpg

学園のアイドルの好奇心旺盛な先輩。

1週目ではステータスが足りなくてシーン1つ取り逃したから2週目で感想追記予定。

話の軸・・・って話がそもそも無かった気がするけど方向性は違えど前作の由仁を彷彿とさせる話だったかな。
学園のアイドル的立ち位置の和琴がほんとに恋愛する様子を描きたかったんだろうけど個別シナリオとして中心となる話が無かったのが個人的にちょっと物足りなかったかな。
和琴の性格も基本美人で大和撫子寄りだけどやんちゃな面もある・・・みたいな感じだったからあんまり自分の好みからはズレてなかなーって印象かも。
ただキャラゲーって観点からみれば性格に個人差はあると思うけど可愛いなーと思える場面は多かったので出来は良いと思う。

エロは9枠(内1枠取りこぼし)
何と言ってもわこ先輩は巫女服がほんと似合うと思う。水着とか制服もいいけどやっぱ巫女さん最高。
個別のイベントは特に印象に残ってる部分は無かったかな。
ちょっと無理して変態にし過ぎてる気がしなくもなかった。

以下、2週目追記感想↓

逃してたのは耳かきイベントと巫女服シーン1つだったんだけどこれ1週だけじゃ絶対回収出来ないシーンだったから実質ほぼフルコンプ出来てた模様。
個人的にはもう1個の巫女服シーンのが好みだったかも。



・日向√ 評価:S

2019y12m07d_222118609.jpg

人見知りな陸上部の後輩。

1週目ではステータスが足りなくてシーン2つ取り逃したから2週目で感想追記予定。

走ることが大好きな小柄で元気な女の子だったけどとにかく可愛いと思える箇所が目白押しでキャラゲーとしては満点だと思う。
あとはストーリー自体も陸上の大会で中々いい結果が出せなかったり家庭的な問題を抱えていたのを恋愛で心の成長が見れたのも王道ではあるものの手堅かったかも。
クレープ食べたり遊覧船や遊園地等などほんとに一つ一つのイベントの出来が素晴らしく優しい性格の日向ちゃんともマッチしてて良かったかな。
本編のテキストや演出も所々力入ってるなーと感じた。

エロは11枠(内2枠取りこぼし)
観覧車、お風呂、アイマスクのシーンは見ててシナリオ書いてる人天才だなって思ったかも。
どこまで日向ちゃんの魅力引き出せるんだって思ったけど冷静に見ても出来は良いと思う。
後はやっぱり後輩と妹を兼ねさせるのは反則だと思う。
お兄ちゃん呼びは正直ずるい。主人公よ自分と変わってくれませんかねぇ

日常パートでも推したい場面が滅茶苦茶多いけど勉強の休憩の時の喋っちゃダメなゲームはほんと可愛かったに尽きる。
正直日向ちゃんは個人的な好みがかなり凝縮されてて理想に近い・・・というか一つの理想キャラだと思うくらい気に入った。
文句なし評価S。S+があるならS+にしたいレベル。

以下、2週目追記感想↓

逃してたのはロードバイクイベントとそのシーン、オナニーの2つ。
それプラスお風呂シーンの前半が回収出来てなかったかな。
髪下した時の日向ちゃんがここで見れたけど物凄い可愛い。
イベント分岐に関しては個人的には遊園地デートの方が好きかなー 年下の女の子の良さが前面に出てて良い。
このルートだけ珍しく既読部分も込みで2週したけどほんとに心の底から楽しめたと思う。



・姫√ 評価:A-

2019y12m07d_222104027.jpg

ウエイトレスな同級生。

1週目ではステータスが足りなくてシーン2つ取り逃したから2週目で感想追記予定。

ゲーム好きで活発な女の子だったけどバイト先のウェイトレス姿とかも可愛かったしデートでキャンプとかビリヤードとか日常パートも中々良かったと思う。
ただまぁ一つ言いたいのは告白の場面かな。これは好み分かれると思う。
個人的にはここが納得いかなかったんだけど友達でいようって言われて強引に引き留めて結局くっつくって展開はあんまり好きじゃないかな。
他の場面でも肉食系の主人公だったらまだ分かるんだけどこの場面だけやたら強引だったから不自然感が凄かった。

エロは11枠(内2枠取りこぼし)
この手のゲームでは珍しくコンドーム使用率が高めだった。
・・・といってもまぁツッコミ待ちみたいな場面だらけだったけども。
個人的にはやっぱお風呂とウェイトレスは推せるかな。

キャラは良かったと思うけどちょっと部分部分のシナリオがイマイチだったかな。

以下、2週目追記感想↓

逃してたのは光る海イベントと公園、ウエイトレスシーンの2つだったけど見れてなかったイベント総じて結構好みだったかな。
姫の独特な性格をうまく引き出せてると思う。
ウエイトレスのシーンは前半のシチュは個人的に好き。



__________________________________________


 総合評価:A+

前作よりも良くなってると思う。気持ち色が明るめになった気がしなくもないけど。
キャラデザも良かったしCGも一部かなり良いなと思えるものもあったので良かった。

__________________________________________


音楽 総合評価:A-

曲はピュアブロッサムが印象的だけど各キャラにテーマ2つあるのもいいと思うし特に不満は無いかな。
OPも前作引き続きさわやかな感じで学園物って感じがする。
インストボーカル共に平均少し上くらいの質だと思う。

__________________________________________


システム 総合評価:A-

ラブリーコールに関しては日向ちゃんにお兄ちゃん呼びをさせたってだけでS評価付けたい。
コンフィグは特に変わりは無いかな。
アイテム選択に関しては前作と基本は同じだけど攻略がより複雑になり過ぎてるからちょっと大変だったかな。
特に星音ちゃんの8個目のシーン見るのは初見じゃほぼ不可能だと思う。
難易度設定も最初にあるけど特に必要性を感じなかった。イージーで問題ないと思う。
アイテム選択の部分は正直前作くらいの緩さで良かったんじゃないかな。

__________________________________________


CV 総合評価:A+

やっぱりキャラ補正のせいで日向、星音が良かったと感じてしまう。
ベテランからそうでない人まで様々だったけど全体的に質は高いと思う。

__________________________________________


その他

以下アフターストーリーの感想

【和琴】⇒十五夜イベントや卒業式のシーンが印象的だったかな。最後まで先輩らしい内容だった。
【姫】⇒結構シチュエーションがエロい内容が多かった気がする。学園とかクリスマス、プール、一番変態チックなのがバレンタインだったけど。同級生の距離の近い恋愛って雰囲気を崩さず終わったので良かったんじゃないかな。
【星音】⇒最初のお風呂から特撮コスプレまで幅広いジャンルをこなす星音ちゃんは凄いと思ったけど普通のイベントも含め12個ともほんと星音ちゃんは良い子だなーって部分が伝わってきたしかなり楽しめた内容だった。
寒がりなところとか冬シーズンのイベントは特に印象的で可愛かった。ゲーム中2番目の推し。
【日向】⇒アフターでも持ち前の可愛さを前面に出してたけど水着、体操服、アリス服、スポーツウェア等など服装シチュエーションも多種多様で本編で日向ちゃんを気に入った人なら文句なしで楽しめると思う。
個人的に1月の酔っぱらい日向ちゃんの表情がかなりツボでお気に入り。
日焼けとスク水にも対応しているあたり製作者のこだわりを感じたかな。ゲーム中1番の推し。


どうしても前作との比較をしてしまうけど今作もいい部分と悪い部分がそれぞれはっきり出てて楽しめた度合いでいえば前作と同程度だと思う。
というより今作はキャラがほんと文句のない出来で(特に日向、星音)滅茶苦茶可愛かった。
アフターのボリュームもかなりあったしフルプラ2本分くらい楽しめた気はするなー
日向ちゃんは間違いなく好きなキャラランキングに入る・・・というか上位5位には入ると思う。
攻略は多少大変だけど学園物のキャラゲーだとかなり推せるゲームじゃないかな。

総合してこのゲームは 91 点くらいかな。

Comment:0  Trackback:0
2019
08.26

ショコラ 感想など



(最終更新 9月18日)

戯画ロイヤルスウィートコレクションの2作目。
丁度ゲーム感想50記事目はこのゲームになったか。

15年前とはいえ結構雰囲気の良いゲームって印象。
全て攻略完了。キャラがとにかく良かったって感想に尽きる。


トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:A+


・共通 評価:-

メイドカフェ「キュリオ」の舞台紹介や各キャラの紹介がちらほらあったくらいでそこまで尺は無かったので評価は割愛。
主にすず、美里の話が印象強かったけど今作もキャラの個性が強いなーと思えたかな。
共通だけだとすずちゃんが凄い好みだったかな。


・さやか√ 評価:B+

2019y09m18d_224659194.jpg

一流のパティシエを夢見る恥ずかしがり屋な女の子。

日数がある割に個別のイベント数がそこまで多くなかったけど好きになる過程やコンテストの話等王道なシナリオの割には飽きずにすらすら読めたかも。
最後の2号店の話は結構個人的に好み。

さやかのキャラ自体も個人的な好みにマッチしてて良い。
地味っ子で恥ずかしがり屋で控えめとか好き。
エロは2枠。これはまぁおまけ程度に考えた方が良いかもね。
ただパティシエ服のシーンは1つくらい欲しかったなー


・真子√ 評価:A-

2019y09m18d_224642990.jpg

マイペースなおっとり女神。

トゥルーエンドの方は結構シリアスな展開だったけど最終的なまとまりは綺麗で後味は良かったかな。
主人公のマイナス思考は結構自分にも当てはまる部分が多かったから読んでて共感できる内容も多かった。
ただまぁ文句をつけるとしたら一人前になるって前提を伝えずにフェア開催の裏で主人公を操作してたからそういう見方をすると好みは分かれるシナリオかもしれない。

真子自体はおっとりお姉さんがベースのキャラで概ね魅力的だったんじゃないかな。
お昼の休憩でお弁当買いに行く話とかこのキャラの日常シーンは凄い好きかな。
エロは5枠。数が多めなのはシナリオの仕様上だろうけど。
本番は最後のみ。これもおまけ程度に考えた方が吉。


・翠√ 評価:S

2019y09m18d_224617424.jpg

フロアチーフの幼馴染。

メインは香奈子との三角関係の話だったけどお互い好きになっていく過程が少し珍しい展開だったので面白かった。
バラさんのキャラも凄く良かったし6月下旬の怒涛の展開も文に引き込まれていく感じで出来がいいんじゃないかな。
シーンの入り方も主人公と翠の距離感だから成り立つんだと思う。正直この距離感かなり好き。
三角関係のドロドロした雰囲気はそのままで最終的な後味はかなり良いから個別シナリオとしてはかなり高評価かも。

エロは3枠。
どれもお互い恋人になる前のものだったけど幼馴染ならではの阿吽の呼吸があって幼馴染好きにはたまらないと思う。
キャラとしては最初はそこまで好きではなかったけど終盤は翠が可愛くて仕方が無かった。


・美里√ 評価:A-

2019y09m18d_224547905.jpg

素直な純真家出お嬢様。

前半はキュリオのバイトを通して世間を知ったり恋愛を知ったりしていく過程が見れたけど
ストレートな性格だから日常も告白前後も話がクリアで理解しやすかった。
買い物途中で雨に降られたエピソードは結構好き。あの美里はほんと可愛いって思えた。

後半は家出から連れ戻された美里を助けようって話だったけどよくある話の割には結構面白かったと思う。
結局バラさんの正体が分からないままだったけどそれはそれで知らないままの方が良い気もする。

エロは4枠。キス多めで相思相愛感が伝わってきたのはキャラゲーとしては良いんじゃないかね。
メイド服多めだったけどシナリオ内では一番似合ってるキャラだと思うから方向性は正解かも。
キャラは文句なしで可愛いと思えた。ちょっとアホの子入ってるところとか。


・すず√ 評価:A-

2019y09m18d_224604755.jpg

控えめなブラコン妹。

兄妹の禁断の恋愛に悩むって話が軸だったけどシリアス過ぎず軽すぎず丁度良かったんじゃないかな。
ここでも翠と香奈子のキャラの良さが際立ってたかな。
個人的にノーマルエンド後のチロルとの会話で人の道の踏み外し方を伝授って表現が面白かった。

エロは3枠。(内1枠は夢オチだから実質2枠。)
すず自体は個人的な好みにかなりマッチしていて終始楽しめたかな。
かなり依存度が高そうなところとか一歩間違えたらヤンデレ化しそう。
お兄ちゃんって呼び方も一貫してたし独占したいって気持ちも全面に出てて妹好きにはかなりたまらないと思う。


・チロル√ 評価:B+

2019y09m18d_224705258.jpg

アンティークの妖精。ファンタジー枠。

ルートロックされてたけど最後までプレイして納得したかな。
基本的にこのシナリオ単体でも楽しめるけどやっぱり香奈子ルートとセットで破壊力が出るかなーって印象かも。

深夜の2時から2時半の間にだけ現れる小っちゃい妖精だけど本当に物語というか童話に出てきそうなマスコット的キャラクターで香奈子ルート以外の雰囲気には合わないかもしれない。
各キャラのノーマルエンド後にもチロルは出てきて最初見たときはオマケ的な存在なのかなーと思ってたけどこのルートではチロルもちゃんと女の子してたと思う。

エロは1枠。誰しも手のひらサイズの妖精とどうやって夜の営みをするんだ・・・って思ってただろうけど割とその辺は設定でごり押しててちょっと面白かったかな。
内容はこちらもおまけ程度に考えた方が吉。

このシナリオ単体で評価するとB+だけど香奈子ルートとセットで考えるとA-くらいに落ち着きそうかね。


・香奈子√ 評価:A+

2019y09m18d_224611506.jpg

だらしない年上の大学生。
評価の内訳としては本編A-、ショートストーリーS、トータルA+かな。

トゥルーエンドに関してはルートロック・・・というより大抵の場合最後の攻略になると思う。
条件を満たしてないと必ず1週目はBADエンドになるけど大雑把な内容は主人公に対する復讐の内容を主人公が覚えているか否かで分岐するという感じかな。

このルート全編通して思うのはほんと香奈子って不器用すぎるキャラだなーって印象を持ったかも。
ほんと主人公も香奈子も翠に足向けて寝れないと思う。
それくらいめんどくさいキャラだと思うし嫌いな人にはほんと合わないキャラだと思うけど主人公と翠、香奈子の3人の距離感が絶妙過ぎて何故かそれぞれに魅力を感じる場面が多かった。
チープな表現だけど香奈子はヤンデレ気質満点だと思う。

これだけ翠やチロルに後押ししてもらわないと最終的にくっつかないのもほんと不器用だし二人らしいとも思えた。
ショートストーリーでは本編で語りつくせなかったその後の話と過去の香奈子の留年直後のエピソードが見れたけどその話でも翠は切っても切り離せない存在だなーと再認識できたかな。
最後の展開も香奈子らしい内容で脱力はしつつも心にジーンと来るものはあったかな。

エロは3枠。2枠目と3枠目みたいな内容かなり好きかも。
構図とかじゃなくて愛されてる感じが凄い。

好みは分かれるキャラだとは思うけどストーリーは個人的に文句なしで面白かったかな。

__________________________________________


 総合評価:B+

昔基準で考えるとそこそこじゃないかな。
CGごとの出来栄えのムラは多少あるけど柔らかい感じの絵柄で見やすいと思う。
キャラデザは美里とすずが特に良かったかな。

__________________________________________


音楽 総合評価:B+

曲数はちょっと少ないけど喫茶店のテーマにあった落ち着いたインストが多めかな。
OP曲はムービーだけで使われるのが惜しいくらいには良かったかな。メロディラインが印象的だった。

__________________________________________


システム 総合評価:C+

前作よりかは大幅に改善されてるけど今基準で考えると不便な点は何点かあるかも。
ホイール操作でログ開けなかったりテキスト速度変えれなかったり既読スキップ設定とかなかったりとコンフィグ面でもアンティーク感を感じた。
また、場面選択がちょっと多すぎてくどいと感じたかな。選択数の割にイベントもそこまで無かったし。
ただゲーム内演出は特に印象に残ってる部分はないけどチロル関連のあれこれは見事だと思う。

__________________________________________


CV 総合評価:B+

キャラに合ってて良いと思う。
美里のちょっとアホっぽい感じの声とかすずの控えめな声とか結構好きかも。

__________________________________________


その他

とにかくキャラに愛着がわくストーリーで雰囲気も良かったゲームだと思う。
一番の見どころは翠と香奈子のシナリオだとは思うけど他のキャラも個性があって満遍なく楽しめるんじゃないかな。

ショートストーリーも含めシリアス部分もキャラゲー部分もどちらも両立できてるし今でも十分楽しめるゲームだと思う。
喫茶店って結構使い倒されたテーマだけど既視感は思ったほど感じなかったかな。

個人的にはかなりお気に入りの作品になった。翠はほんと幸せになって欲しい。


総合してこのゲームは 90 点くらいかな。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top