FC2ブログ
2030
01.01

トップなど

Category: トップ

記事 最終更新:8月21日

トップ最終更新:3月3日

<エロゲ記事>

進行中のゲーム(キャラ・シナリオゲー) : ショコラ Re-order (戯画ロイヤルスウィートコレクション版)

進行中のゲーム(抜きゲー) : たまはじ

次に進行予定のゲーム : LOVELY×CATION 2 (ALL×CATION版)

LOVELY×CATION 全て攻略完了、記事本文更新しました
妹ぱらだいす2 全て攻略完了、記事本文一部更新しました(後日更新予定)

<その他ゲーム記事>

進行中のゲーム :  (休止中)

次に進行予定のゲーム :  (休止中)


世界樹の迷宮4 part2記事本文更新しました


~今後で期待している、未購入で気になっているゲーム一覧~

※抜きゲーは省略


・あくまで、これは~の物語


・素晴らしき日々~不連続存在~


・天結いキャッスルマイスター


・バタフライシーカー カオスナイトメア


・アオイトリ


・この世の果てで恋を唄う少女YU-NO


・トリノライン


・ソレヨリノ前奏詩


・景の海のアぺイリア


・弓張月の導き雲はるか


・ことのはアムリラート(非18禁)


・ノラと皇女と野良猫ハート


・カタハネ ―An' call Belle―


・カノジョ*ステップ


・Re:LieF ~親愛なるあなたへ~


・なついろレシピ


・サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う-


・ソラコイ


・Sugar*Style


・ネコ神さまと、ななつぼし -妹の姉-


~応援しているゲームのバナーなど(上の方が新しめ)~


さくら、もゆ。-as the Night's, Reincarnation- 応援中!!


__________________________________________


世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!

→応援バナーキャンペーンでD賞当選しました!


アストラエアの白き永遠 応援中!!

→応援バナーキャンペーンでサイン入りドラマCD台本当選しました!



<バナー無しの為省略>

→プレイした中で1番評価が高い作品です!


※ゲームの評価について(2015年1月追記)

基本的に以前と変わりませんが、評価AとBの占める割合が多く前々から気になっていたので少し変更。

評価Aの中でもSに近いものはA+、Bに近いものはA-と分割させます。
評価BとCについても同様に+と-で細分化するようにします。


また、評価DとEがほぼ出ないため一括して69点以下はDとします。

S:85点以上。完璧
A+:名作なり損ね
A-:80点以上。良作
B+:良作なり損ね
B-:75点以上。そこそこ良い、平均以上
C+:凡作
C-:70点以上。平均的、少し微妙
D:69点以下。悪い、何らかの欠陥あり



以下は2015年1月より前に書かれた感想記事の評価基準です。

個人的な自分の好み全開で評価してます。

体験版はシナリオ、絵、音楽、システム、CVとその他気になった点を短めに感想を書くだけで点数とかは付けません。

製品版の評価はさっきの5つの観点についてS,A,B,C,D,Eの6段階評価(ただしシナリオは各個別ルートごとにも評価)で判定。

S:85点以上。完璧
A:80点以上。かなり良い
B:75点以上。そこそこ良い、平均以上
C:70点以上。平均的なクオリティ
D:60点以上。悪い、何らかの欠陥あり
E:59点以下。酷い、二度とやりたくないし思い出したくない

最後に総合得点を100点満点で書いてます。




※過去作の評価(総合点のみ)

あまりに昔にやったため細かい部分覚えていないので目安得点だけメモ書き。
ただし最後まで完走していない作品はプレイした部分までの評価。
思い出補正マシマシ。

「★」マークがついてる作品は感想付きでリンクを貼りました。
「(G)」マークがついてる作品は途中でギブアップした作品。

あなたに恋する恋愛ルセット95点
⇒ゲーム種類:キャラゲー、個人的殿堂入り作品

車輪の国、向日葵の少女94点
G線上の魔王93点
ef - the latter tale.92点
いろとりどりのヒカリ:92点
アステリズム92点
枯れない世界と終わる花91点
バタフライシーカー91点
アストラエアの白き永遠90点

紅い瞳に映るセカイ89点
RIDDLE JOKER89点
making*lovers88点
サノバウィッチ88点
DRACU-RIOT!86点
Clover Day's86点
車輪の国、悠久の少年少女85点
星空のメモリア:85点
千恋*万花85点
アイカギ85点

フレラバ84点
恋する彼女の不器用な舞台84点
夏ノ雨:84点
PRIMAL×HEARTS83点
PRIMAL×HEARTS 283点
アイカギ~アフターデイズ~83点
キミのとなりで恋してる!83点
ひこうき雲の向こう側82点
恋色空模様:81点
死神の接吻は別離の味:81点
ぼくの一人戦争81点
恋×シンアイ彼女80点
アストラエアの白き永遠Finale -白き星の夢-80点
夜巡る、ボクらの迷子教室80点
君と彼女と彼女の恋。:80点
Clover Heart's:80点
ef - the first tale.80点
いろとりどりのセカイ:80点
リトルバスターズEX:80点

ましろ色シンフォニー:79点
サツコイ~悠久なる恋の歌~:79点
リアル妹がいる大泉くんの場合:78点
天色*アイルノーツ:78点
Magical Charming!:78点
ラブラブル:77点
妹のセイイキ:77点
添いカノ:76点
十六夜のフォルトゥーナ:76点
花色ヘプタグラム:75点
智代アフター75点
FairChild:75点
星空のメモリアEternal Heart:75点
HarmonEy:75点
お家に帰るまでがましまろです:75点
世界と世界の真ん中で:75点

恋色マリアージュ:74点
彼女のセイイキ:74点
鬼ごっこ!:74点
恋色空模様FD:74点
倉野くんちのふたご事情:74点
スキとスキとでサンカク恋愛:74点
運命線上のφ:72点
プリマ☆ステラ:72点
学☆王:72点
タユタマ:72点
your diary:72点
プリさらFD:71点
幼なじみは大統領:70点
タユタマFD:70点、
しまいま。:70点
さらさらささら:70点
彼女×彼女×彼女:70点

義妹だからできること、妹じゃないとダメなこと。:69点

スポンサーサイト
2019
07.01

LOVELY×CATION 感想など



(最終更新 8月19日)

ALL×CATIONの1作目。
hibikiworksのゲーム自体初めてだから楽しみ。

全て攻略完了。アイテム回収含めると結構おまけ要素コンプするのに時間かかったかも。


トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:A+


・共通 評価:-

新学期になって引きこもりがちの主人公が叔父さんに彼女を作るようミッションを与えられるという分かりやすい導入だったけど共通としてはアイテム選択の最初から個別ルートみたいなもんなので評価は省略。

シナリオ設定としてはオーソドックスな内容で分かりやすくシンプルなものだと思う。
生徒3人、先生2人から趣味やそれぞれキーとなるステータスをアイテム集めで上げていき仲良くなるシステムが軸となっている。
ただ選択肢を選ぶだけじゃないからひとによっちゃ面倒と感じる人はいるかもしれないけどゲーム性があって個人的には楽しめたかな。


・三朝√ 評価:A+

2019y07m28d_215341501.jpg

ジャージの女神様。

1週目で全てシーン回収完了。

体育教師・・・なんだけどこんな美人でスタイル良くて優しい体育教師いないだろ!って突っ込みを入れたくなったけど内容としては非常に良かったと思う。
授業中のケガから少しずつ親密になっていきお弁当を作ってきてくれたり部活のプールを見学したりして距離を縮めていく過程は見ていて楽しかった。
付き合う前くらいのお昼を断る場面は個人的に無いなーと思ったけどそれ以外の部分に感じては全体的にもキャラゲーの良さを前面に出せてるシナリオだと思う。

エロは7枠。場所やシチュ等さまざまで良かったと思う。
三朝先生自体も個人的な好みにかなりマッチしていてすごく魅力的だった。
やっぱり優しい年上の女の子って良いよね。

アフターストーリーの感想は各キャラまとめてその他のところで書く予定。


・綾√ 評価:A+

2019y08m17d_000514994.jpg

超辛党なゲーマー後輩。

1週目ではステータスが足りなくてシーン3つ取り逃したから2週目で感想追記予定。

食堂やゲーセン、アクアリウムショップで偶然が重なり仲良くなっていくというちょっと珍しい感じの話の展開だったけど少しずつ心を開いていく綾は滅茶苦茶可愛かったかな。
水族館や遊園地デートでも綾らしい楽しみ方だなーと思える場面が多く個性的ながらも読んでて面白かった。

シーンは7枠(内3枠取りこぼし)。
軽いS気が個人的にキャラとマッチしててかなり好みだった。
キャラ魅力に関しても最初は結構きつい態度だったから何とも言えない感じだけど後半はほんとに可愛い後輩で好きになれた。
ツンデレ寄りだけどどちらかといえば素直になれない系の性格だと思う。

以下、2週目追記感想↓

逃してたのはイタチさま、プリパラ、教室の3シーンだったけどどれもかなり好みだった。
特にプリパラのシチュは綾の性格も相まって照れてる場面がほんと可愛かったなー


・優希√ 評価:A+

2019y07m28d_215333032.jpg

明るく可愛いお嬢様。

1週目で全てシーン回収完了。

カラオケや美術館、ライブデートと個別ではイベント盛りだくさんでどれも見ていて楽しかった。
特に印象に残ってるのは告白の場面かなー 相合傘とかベタだけどそういうの好き。
ただ終盤の話自体は結構重めな話だったかも。
勉強とか習い事は出来るけど世の中の物事をあまり知らない優希が少しずつ知識が増えていって仲良くなっていく過程はキャラゲーとしてもかなり評価が高いかな。
正直第一印象はあんまり個人的な好みから外れてるキャラだなーと思ってたけど最終的には凄い魅力的に映ったからそういう意味でも面白かったと思う。

シーンは7枠。
無知シチュからオナニーまで中々ノーマルな範囲で用意されてたからよかったと思う。
基本明るく好奇心旺盛な性格だけどストレートに好意を伝えてくれるのが凄い良かった。自分も言われてみたい。

満足度はかなり高めだったかな。


・瀬良√ 評価:A-

2019y08m17d_000504810.jpg

学園のミスプリンス先生。

1週目ではステータスが足りなくてシーン1つ取り逃したから2週目で感想追記予定。

先生ならではのイベントや話が多く三朝とはまた違った面白さがあったかな。
ドライブやジム、夜景を見たりと結構大人なデートが多かったかな。
中盤のシリアスパートも瀬良らしい苦悩というかコンプレックスで読みごたえも〇

シーンは8枠。(内1枠取りこぼし)。
何故か瀬良だけシーン数が多いんだけど作成側の趣味なのだろうか。
年上巨乳好きならはまりそうだけど個人的には三朝先生のが圧倒的好みだった。
キャラ自体も結構好みが分かれそう。先生キャラ2人も攻略対象なゲームって意外と少ないかも。

今までやったルートの中ではやや見劣りするかなーと思ったのでこの評価で。

以下、2週目追記感想↓

逃してたのは腹筋勝負のご褒美だったけど瀬良らしい内容だったかな。
いい方向にプライドが高いキャラだから見てて不快にならないのは良いと思う。


・由仁√ 評価:A+

2019y07m28d_215321099.jpg

心優しく大人しい女の子。

1週目で全てシーン回収完了。

このルートに関しては他の4ルートと少し毛色が違ったので少し丁寧目に書くけどまず初めに由仁に対して好き嫌いが人によってはっきり出るシナリオだと思えたかな。
主人公視点と由仁視点でそれぞれ良かった点、悪かった点を以下に羅列する。

由仁視点⇒良かった点

1、恋人のフリの定番シナリオから少し逸れた内容で新鮮味があった。
2、最終的なまとめは綺麗で最後のシーンとかは由仁の魅力が前面に出ていた。

由仁視点⇒悪かった点

1、事実学年でトップクラスに可愛いとはいえ大人しい性格のキャラの割にナルシスト気味。
2、気持ちを伝える勇気が無かったのを理由に主人公を泳がせていた。

主人公視点⇒良かった点

1、欲望に忠実。(エロゲ主人公には大切な要素)
2、フリと分かっていても自分が傷つくまで由仁に協力していた。

主人公視点⇒悪かった点

1、キャラゲーコンセプトの割に凌辱気味なシーンが多め。(ぎりぎり許容範囲なシーンが多いけど)
2、結局傷ついていた自分の正直な気持ちを最後まではっきり言わなかった。

個人的には主人公よりも由仁の行動や言動が受け入れられるかがキーになってきそうだと思えたかな。
まとめがきれいだったし最後のシーンが良かったからこの評価にしたけどキャラで見たらそこまで好きとはなれなかったかな。

シーンは7枠。最後のシーンはかなり好き。
普段の態度や性格は結構良いかも。

__________________________________________


 総合評価:A+

キャラ立ち絵含めCGはどれも綺麗だと思う。解像度が低めなのがちょっと残念かな。
光の感じとか背景も綺麗な絵が多かったと思う。
作風にあったキャラゲーに合うテイストに仕上がってるんじゃないかね。

__________________________________________


音楽 総合評価:B+

インストに関しては平均程度の質だと思う。キャラテーマだと優希のinnocent smileが好き。
OP曲は結構さわやかな感じで聞きやすいんじゃないかな。

__________________________________________


システム 総合評価:A-

一番の特徴はラブリーコールシステムだと思うけど内容としては各呼び名に3種類くらいボイスを充ててるだけだから多少は違和感があるセリフがあったかな。
その他コンフィグに関しては標準的な機能をそろえてると思う。
ゲーム内だとアイテムやステータスがあったけどこれは人によっては面倒と感じる人がいるかも。
攻略見ずにプレイするとアイテムコンプするのがかなり大変そう。

__________________________________________


CV 総合評価:

ベテランの人もいれば初めて聞いた人もいたけどモブ含め全体的にキャラに合ってるし良かったんじゃないかな。
綾、優希あたりは結構好きかな。

__________________________________________


その他

以下アフターストーリーの感想

【瀬良】⇒コスプレメインで水着やメイド、スキー等バリエーションも豊富だった。最後のまとめも素敵。
【由仁】⇒正直この子のアフターストーリーで何回か頭おかしくなった。それくらい可愛くて魅力的な場面が多くかなり満足度は高いと思う。騎乗位無かったのがほんと残念だけどそれ以外は満点つけたいレベル。
本編でのもやもやした部分を全部払拭出来てると思う。
【綾】⇒引きこもりゲーマーな部分はそのままで綾のいいところを引き出してたシーンが多かったかな。最後の将来の話も綾の反応含め好み。あと晴れ着はめちゃ似合ってた。ゲーム中3番目の推し。
【優希】⇒この子はおかしい。何でこんな好みなアフターばっかりなんだってくらいシチュが素晴らしかった。ほんとに優希は好きって気持ちをストレートに伝えてくれるからキャラとしても好きになれた。ゲーム中2番目の推し。
【三朝】⇒女神は最後まで女神だった。浴衣、ハロウィン、私服どれもシチュ共にレベル高いしとにかく性格が天使で可愛い。ただ優しいってだけで完結しないキャラじゃないかなー
ゲーム中1番の推し。


アペンド含んでるとはいえこのボリュームはやりごたえあるし満足感もかなり高かったんじゃないかなー
あとはとにかく各キャラをゲーム内で大切にしてるなーっていうのと魅力の引き出し方がそれぞれ違うけどそれぞれ違った良さを引き出せてたのが凄いと思う。
由仁とかは特に本編は結構挑戦的なシナリオだったと思うけど個人的にアフター込みだったらかなり好きになれた。

キャラゲーでここまでキャラ、シナリオ、シーンの満足度が高いゲームは珍しいと思う。
やって良かったと思えたなー

総合してこのゲームは 90 点くらいかな。


Comment:0  Trackback:0
2019
06.07

Ripple 感想など



(最終更新 6月18日)

戯画ロイヤルスウィートコレクションの1作目。
今までやったゲームの中では一番古いゲームかも(17年前って何か凄い)

全て攻略完了。思ったより意外と楽しめたかも。
あおい→朝奈&夕奈→カノコ→真帆乃→有希→由里己→圭衣→奈海の順で攻略。


トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:A-


・共通 評価:-

主人公がブルーシールにバイトをしに行くまでが共通だと思うけどそこまで尺が無かったので評価は省略。
一通りキャラ紹介やブルーシールの舞台紹介がメインだったけどとにかくヒロインのキャラが濃いって印象しか無かったかな。
はっきり言ってまともなキャラがいない。しいて言えば奈海が一番まともだと思うけど。

話のテンポも良く、昔のゲームにしてはギャグも今でも通じるような内容のものが多かったんじゃないかな。
読みやすく普通に楽しめた。


・あおい√ 評価:A-

2019y06m18d_204558754.jpg

前の会社の同僚。

割とさばさばしたドライな感じの女の子って印象だったけど個別を進めていったら意外と人思いの女の子でびっくりした。
シナリオ展開は尺が短いせいもあるけど結構急ピッチで進んだから物足りなさはあるかな。
ただ急展開の割には話に引き込まれる感じがあってよかったと思う。

あおい自体のキャラも共通と比較してもかなり魅力的に書かれてたからよかった。
エロは2枠だけど2枠目のテキストが割かし好みかな。


・朝奈&夕奈√ 評価:C-

2019y06m18d_204629388.jpg

いたずら好きの双子姉妹。

特に前半だけどいたずら好きと言っても主人公が気の毒になるくらい悪質な内容のものが多かったから正直この姉妹はマイナスなイメージしか湧かなかった。
逆にあれだけ騙されても許容出来る主人公に好感が持てたかも。

分岐が1か所あったけど2人仲良くハーレム?って終わり方とお互いが主人公を取り合う終わり方でどちらも大して尺は長くなかったかな。
後者の方がちょっと真面目な終わり方だったけど前半のマイナスイメージが大きすぎて後半で払拭しきれなかった感じはする。
エロは1枠。尺が短い割にCG枚数は多かった。


・カノコ√ 評価:B+

2019y06m18d_204759558.jpg

占い好きのほんわか乙女。

基本的にカノコの占いが軸になってたシナリオだったけどすれ違いやお互いの不器用さが前面に出てて話自体は面白かったと思う。
ただまぁ二人とも思い込みが強くて人によってはチープに感じる部分もあるかも。

カノコのキャラは天然寄りの優しい性格で結構好きかも。
ちょっと電波なところとかぶりっ子っぽいところもあるけどゲームには合ってたんじゃないかね。
エロは1枠。他のキャラと比べると気持ち長めだった。


・真帆乃√ 評価:A-

2019y06m18d_204828741.jpg

弟思いのハッキング少女。

弟が出てきてからは弟を大切に思う描写が多かったけど前半はとげとげしい態度やきつい口調がしんどいキャラだと思う。
ハッキングや主人公を思う行動等意外とシナリオが面白く感じる部分が多くて全体的には楽しめたかも。

キャラ自体は正直あんまり好みじゃないかな。
デレた時の可愛さは確かにいいんだけどそれまでが大分辛い。
エロは1枠。尺が短い割にシナリオ全体は面白かったかな。


・有希√ 評価:B+

2019y06m18d_204646873.jpg

奈海ちゃん大好き大阪女。

いわゆるツンデレに分類される子だと思うけどブルーシール内でのやりとりや野球観戦イベント等で友達から少しずつ惹かれあっていく過程が書かれていたのは良かったかな。
ただまぁ最後のオチがちょっと拍子抜けする展開だったから人によっては微妙に感じるかも。

エロは1枠で後半のデレの破壊力は中々あったと思う。
普段態度がキツめな感じだから恥ずかしがってる場面とかは結構他キャラより引き立ってると思えた。


・由里己√ 評価:A+

2019y06m18d_204837542.jpg

仕事魔の厳しいお姉さん。

ブラック企業にいそうな仕事魔だったけどシナリオだけなら今のとこ一番面白かったかも。
川上取締役とのひと悶着や主人公との恋愛関係の発展、ブルーシールのイベントの事件等短い尺の割に中身の濃い話が多かった気がする。

エロは2枠。由里己自体も普段が厳しいだけにしおらしくなった時が中々良かった。
まとめも由里己らしい終わり方で綺麗だった。


・圭衣√ 評価:A-

2019y06m18d_204741657.jpg

寡黙な大人しい女の子。

序盤は結構つれない態度だったけど少しずつ心を開いていく過程は読んでて楽しかった。
入院の話でも面会謝絶したり結構独占欲強い子なのかな?と思える部分もあって圭衣の魅力を引き立ててたんじゃないかな。

エロは1枠。結構ベタだけどエロの入り方が好きだったりするかも。
キャラ自体も最終的には好きになれたし満足度は高め。


・奈海√ 評価:A+

2019y06m18d_204550403.jpg

小さい頃の明るい幼馴染。

共通序盤から他のキャラが濃いのもあってか直球の幼馴染でキャラとしての好感度も高かったけど個別に入っても魅力が衰えず良かったと思う。
お弁当やデートイベントも導入の仕方とかがこのゲームらしいギャグ路線で面白かったし合言葉をあおいで実践してた場面は個人的にかなりツボだった。
一条や有希との関係もしっかりシナリオ内で回収していたしルート全体を見ても由里己ルートと同じくらい内容が詰まっていたと思えたかな。

エロは1枠。奈海は最後まで可愛さ重視で書かれてたと思うけどシーンでも昔のゲームにしては構図が良かったかも。
あおいとの馬の合わない感じとか結構面白かった。
キャラの好みではあおいと並んでゲーム内トップかな。

__________________________________________


 総合評価:C+

昔のゲームなのでどうしても内容は劣るけど当時にしてはそこそこ頑張ってるんじゃないかな。
あとやっぱり解像度が小さいのも残念。

__________________________________________


音楽 総合評価:C+

割とOPとか嫌いじゃないけどインストはほんとおまけ程度って感じだった。
意外とシーンのBGMが好き。

__________________________________________


システム 総合評価:D

古いゲームとはいえゲームとして辛い部分が多すぎる。
まず画面が小さいのは仕方ないとしても文字が小さすぎて凄く読みづらい。
ロード画面の文字とか目が悪い自分にとっては特にだけど画面に近づかないと見えなかった。
あとはセーブ出来るところが限られてたり、バックログが見れなかったりADVとしてちょっとシステムがお粗末と言わざる負えない。
スケジュール選択とかは当時にしては多少捻ったシステムだとは思うけどそれ以前に読み物として快適にして欲しかったかな。

__________________________________________


CV 総合評価:B-

思ったよりはちゃんとしてたかな。
ヒロインのみボイスありだったけど極端に下手な人はいなかったと思う。
キャラ補正あるかもしれないけど奈海、あおい、圭衣あたりは結構好み。

__________________________________________


その他

コレクション版とはいえかなり古いゲームをやったのは初めてだったけどストーリーは意外と面白くキャラゲーとして楽しめたかも。
もう少しシナリオのボリュームをつけてグラフィック、システム面等一新したら今でも楽しめるゲームになると思う。
キャラは個性的で合う合わないは人によって大きいかもしれないけど1人くらいは好みな子がいそうなくらいには性格が分散してたと思う。
あおいと主人公、奈海と主人公みたいな距離感結構好き。


総合してこのゲームは 75 点くらいかな。


Comment:0  Trackback:0
2019
05.13

天気雨 感想など



(最終更新 6月1日)

アフター、差分回収まで全て完了。
癒しゲーだった。

白→狐の順で攻略。

トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:A+


・共通 評価:A+


田舎が舞台のキツネっ子2人とのんびり過ごす日常パートが続いた共通だったけど話もシンプルで分かりやすく雰囲気の良いシナリオだったかな。
自然や山と触れ合ったり田舎ならではの過ごし方が色々織り交ぜられてとても癒されたかも。

川で泳いだり花火したり特別変わったことをしてるわけじゃないけど、田舎と自然の良さを引き出せてたと思う。
白と狐2人ともそれぞれ魅力の方向性は違えどどちらも可愛かった。


・白√ 評価:A+

2019y06m01d_164322072.jpg

小っちゃい方の元気な妹。

共通に引き続きまったりした日常の延長線上でお風呂だったり一緒に遊んだりを繰り返して仲良くなっていく過程は見ていて楽しかったかも。
最初は恋愛に初心だった白が少しずつ照れていく様子もうまく書かれてたし自然な感じがとても良い。

まとめのシナリオもすっきりした内容で終わり方も綺麗じゃないかな。
良い意味で共通に引き続き雰囲気ゲーだったかな。

エロは10枠+アフターストーリーだったけどそれぞれは尺は短め。
奇抜なシーンはそこまでなく割とノーマルだったかな。
ただ尻尾を使ってたのは珍しいかも。
個人的にはこれくらいの尺の方が読み進めるのにだれにくいから良かったかも。
ただもうちょいエロ少な目で日常パート多めが良かったかなー

アフターの感想は狐ルート終了後にまとめてプレイ予定。


・狐√ 評価:A+

2019y06m01d_164347756.jpg

大きい方のいたずら好きの姉。

白と比較すると結構大人しめのシナリオ展開だったけど一緒に散歩行ったり川遊びしたり日常から恋愛に発展していく部分は良かったと思う。
こんは白と比べて狐らしい?軽口叩いたりする場面が多かったから人によっては合わないかも。

田舎から帰ってしまうのを白よりも深刻に捉えたりするところは何か愛を感じた。
特に印象に残ってるのは白と仲良くしてるのを見て嫉妬してる場面かな。あれはほんと可愛かった。
まとめに関しては白ルートよりかはちょっと印象弱めだったかも。

エロは9枠+アフターストーリーでこっちも尺短め。
尻尾だけでなくケモミミを使ってるのは珍しいかな。
結構積極的な場面が多く個人的に好みだったかな。

こっちもアフターはその他で感想を書こうかな。

__________________________________________


 総合評価:A-

多少出来栄えに差はあるけど綺麗な絵柄だとは思う。
白と狐で原画が違うからその辺は好みが分かれるかも。
個人的には白も狐もアフターストーリーの和服と白無垢のCGがすごく良かった。

__________________________________________


音楽 総合評価:C+

音楽鑑賞モードが無い当たりあんまり力を入れていないのかなーという印象。
ミドルプライスでクリア後に音楽聞けないゲームって初めてかも。
雰囲気にはマッチしている曲だけど低価格作品に横並びするクオリティかも。
ただOPEDのボーカル曲は普通に良かった。

__________________________________________


システム 総合評価:B-

可もなく不可もなく普通だと思う。
E-mote搭載は意外と良かったんじゃないかね。
ただロードしたらバックログが前の部分が見れないのはちょっと残念かな。
他は特に特記する部分も無かったかも。

__________________________________________


CV 総合評価:A-

白も狐もサブキャラも総じてキャラに合ってたと思う。
特に白はほんとにイメージとぴったりだった。

__________________________________________


その他

白アフター
⇒神社で結婚式を挙げる内容だったけど子供っぽい白の様子がほんと可愛かった。
ぶらいだるろーんとか突拍子もない単語が出てきたのも面白かったかな。

狐アフター
⇒こっちも結婚式の話でタイトルの天気雨をしっかり回収していた。
白無垢のこんは綺麗でちょっと感動した。白よりも尺は短めかな。

久しぶりのキャラゲーということもありのんびり楽しめたけど田舎できつねっ子とまったり日常を楽しむって
期待通りの癒しゲーで良かった。
ミドルプライスにしてはエロも充実していたけど尺は丁度いいくらいで標準的なキャラゲーだと思う。
何気にE-mote作品をやったのが初めてだったけど立ち絵が動くって良いね。
モーションとか考えたらキャラ人数が多いゲームでは原画の負担が半端なさそうだけど。

何はともあれ楽しめた作品だったんじゃないかな。


総合してこのゲームは 83 点くらいかな。

Comment:0  Trackback:0
2019
04.06

さくら、もゆ。 感想など



(最終更新 5月2日)

全て攻略完了。

元号が変わってしまったけどプレイ期間ちょうど2か月ほどで終わったかな。
色々思うところはあるけど最後までやってよかったと感じたかなー

ルートロックがあるため姫織→千和→ハル→クロの順で攻略。


トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:A+


・共通 評価:B+

昼と夜の国の世界についての説明やキャラ紹介も兼ねた共通パートだったけど相変わらずというかテキストの癖が強く読みにくいシナリオだったかな。
このシナリオライターの前作はプレイ済みだけどシナリオの序盤に関しては分からないことが多すぎて読んでてもやもやする場面が多いかも。
ゆめのねどこでのあさひさんや十夜とのやりとり、夜の国での悪夢や迷子探しなどある意味前作のいろセカ以上にいろセカ感が強く感じた気がする。

各キャラについては共通では千和とクロが可愛いなーと思えたかな。
特に千和は良いキャラしてると思う。手作りのおにぎり食べたい。
あとはナナやクロ、十夜などのロリキャラは相変わらずかわいらしく描写されてたんじゃないかね。

共通では夜の国での迷子を捕まえ保護する話がメインとなってたけど画面演出やBGM等雰囲気作りも凝っててシナリオに引き込まれたかも。
刻の終着駅で金貨や銀貨を使って才能や切符を買うって世界観がすごい独特な発想だなーって印象深かったかな。

序盤から前半にかけてはちょっと退屈だったけど夜の国の話が進んできてからは面白かったのでこの評価で。


・姫織√ 評価:A+

2019y05m02d_204852351.jpg

腹ペコ迷子の巫女さん。

前半は十夜とお友達の話、後半は姫織の夢についてのストーリーだったけど共通に引き続きテキストがもやもやした感じが続いていたので少し読みにくく理解しにくい部分があったかな。

まず前半の十夜の話だけどお友達になった相手が自分を忘れて認識できなくなるっていうのは他のゲームとかでもよくあるけど凄い辛い話だなー
そのお友達が年老いて死ぬ直前に十夜のことを思い出すシーンは自然と涙がこぼれた。
共通でも十夜と夜の国に関する話があったこともあってか姫織ルートに入った直後でもあんまり個別シナリオって感じがしなかったかも。

後半は姫織の夢について明らかになったけど、個人的にはちょっと自己満足な夢だなーと思える部分もあったかな。
結局器を完成させて命を大切な人に捧げたとしてもその生まれ直した人は幸せになれるのかって問題が残るからね。
それを言ってしまうと姫織自身も同じ状況にあるんだけど、自分がされたからこそ元に戻したいって強く願えたのかも知れない。
ただ魔法を使って姫織を探したりお互い再開した時の裏事情等よく作りこまれてるシナリオだと感じた。

エロは2枠。列車の中のシーン中のナナちゃんの様子が物凄く気になった。
姫織のキャラ自体は共通に比べたら幾分か魅力的にはなったけどそれでも千和とかクロの方が可愛いなーって思うかな。
姫織の夢の内容が受け入れられるかどうかでこのキャラの評価がかなり変わってきそうではある。
個人的には受け入れられることは出来るけど少し疑問点も感じたかな。

評価が少し難しいけど全体的には良く練られたシナリオじゃないかね。


・千和√ 評価:A+

2019y05m02d_204814204.jpg

小さくて気弱な女の子。
個別通して夜の怪物であるソルとナハトの話がメインだった。

まず一つ言えるのは物凄くこのルートはシナリオが長かった。
正直もっと簡潔に書いてたらS付けてたと思うけどそこが大きくマイナスだったかも。
ここのブランドの前作(アス永遠)をやってても思ったけどとにかく話が長い。
確かに内容も総じて面白かったし感動も出来る話なんだけどどうしても長いと集中力が散漫になって話が頭に入りにくくなってくるからプレイヤー側としてはだいぶ辛かったりする。

それはともかくとしてシナリオの内容についてだけどこちらも姫織ルート同様ソルとナハトが主人公張りに前面に出てきてたから主人公と千和の物語というよりは夜の国の怪物である二人の物語みたいな感じになってたかな。
序盤の方では犬耳ウェイトレスだったり手作りお弁当だったり恋愛ADVらしい部分はあったものの千和の父親が出てきてからはずっと夜の怪物の話が続いてた。

前半で特に許せなかったのは千和の告白後の主人公の態度。
いくらなんでもあれはちょっと酷すぎると思う。後のシナリオ展開のためなのかもしれないけど受け入れ難かった。

個人的に印象に残ってるのはソル視点の話からナハト視点の話でナハトの内面描写が見れた場面と姫織ルートで出てきた十夜と仲良くしていた女の子との繋がりがあった話かなー
どちらも心にぐっときたしファンタジー作品ならではの良い描写に感じた。

エロはこちらも2枠。内容もノーマルでほんとおまけ程度かな。
千和自体は可愛いけどもう少し日常パートが見たかった気もする。

全体を見てみたら十分良シナリオだとは思うけどシナリオの長さと主人公と千和があんまり主体じゃないお話って部分が人によっては受け付けないかもしれない。
内容的には普通に評価Sじゃないかな。


・ハル√ 評価:S

2019y05m02d_204802070.jpg

明るくリーダシップのある?元魔法少女。

正直このルートやるまでは結構否定的な意見を重ねてたけどトゥルーエンドと言われても納得できるくらいのクオリティだった。
前半は智仁とあず咲の話、後半はハルの夢についての話で大きく分かれてたけど特に後半のシナリオは素晴らしいとしか言いようがなかった。

まず前半に関しては智仁の音楽についてシナリオが進んでいったけど姫織、千和、ハルそれぞれヒロインのアイドル衣装(クロが無かったのが残念・・・)が見れたりと日常パートもそこそこ充実してた。
あとは主人公の女装ネタくらいだけど個人的にこれはあんまりかな。
なぜかこの手のゲームブランドは女装とかBLネタとか好んで使ってくるけどそこら辺は餅は餅屋でやるべきだと思う。別に女装ゲーとかBLゲーがやりたいわけではないけどね。
ここの音楽というか歌については後半のシナリオにも深く関係してくるところも話の構成がいいと感じたなー

そして後半部分だけどとにかくハルの気持ちの葛藤、主人公の気持ちの葛藤それぞれがしっかり書かれてて臨場感も凄かったし魔法の設定、あさひさんやクロといったそれぞれルート外やサブキャラの存在感も邪魔にならない程度に大きくて話にのめり込めた。
ベースはいわゆるタイムリープものに分類されると思うけど前提のシナリオがしっかりしていたせいなのかご都合主義感は薄めだったかな。そのへんは人によるだろうけど。
あんまり書くとネタバレになっちゃうけどハルの夢を持った理由のエピソードとか扉を見つける場面とか再会の場面とかほんとに見どころが多くただ感動するってシナリオで完結してないところも個人的にはかなり高く評価出来るかも。

エロは2枠だけど共にハルの表情や構図が中々良かったのでちょっと嬉しかった。
ハルのキャラ自体も後半のシナリオでかなり好きになれたしほんとに幸せになって欲しいなーと思えるキャラでもあった。

ちょっと言い方は悪いけど姫織と千和ルートはこのルートの前提のためにあるシナリオに感じた。
ルートロックされてるのは納得だし出来栄えも数段階違ってると思う。

個人的に後半のシナリオは滅茶苦茶好みだった。


・クロ√ 評価:S

2019y05m02d_204709169.jpg

人見知りの特別な猫少女。

・・・正直どういう感想を書いてもネタバレになりそうだけどなるだけ暈して書いていこうかな。
シナリオ自体はクロルート単体だけで千和と姫織ルート足したくらいの長さはあったかも。
前半は冒頭からちょくちょく出てきてたある女の子の話、中盤は主人公奏大雅の過去の話、後半はクロの過去と奏大雅との関係性の話で構成されてた。

前半に関してはある程度シナリオが進んだところで2ndOPムービーが流れるんだけどこっちも中々に出来が良く、クリア後に見返したらかなり涙腺にくる内容になってたかな。
この女の子はここのブランドの過去作でいうところの雪、藍、夢に当たるキャラだとは思うんだけど隠しキャラにしてはぽっと出の印象は受けなくてしっかり物語の根幹にも絡んできてた部分は評価出来るかも。
奏大雅とのやりとりや過去の親に対するエピソード等結構辛い場面が多く読むのがしんどかった。

で、中盤の主人公の過去の話なんだけどこれもちゃんと前半の女の子のシナリオに引き続いた内容になっていて全体の構成も良いと思う。
ただ、ヒーローに関する想いというか語りに関してはちょっとくどくて長いなと感じたかな。
いかんせん全体のテキスト量が物凄くボリュームがあるからプレイヤー側に冗長と思わせてしまう要因にこの部分は特になってしまってそう。
もちろんシナリオにもヒーローって部分は重要なファクターになってるとは思うんだけど夜の王周りの話についてももう少し簡潔に出来たんじゃないかなーと読んでて思えた。
この場面で一番印象に残っているのは何といっても刻の終着駅の線路を渡っていって夜の国の空からクロに自分の魔法や夢を話すところかな。
個人的にはこのゲーム全体でもトップ5に入る場面だと感じた。

そして終盤のクロの話だけど正直言ってここのエンディング前の2~3時間程度のシナリオを読むためだけにこのルートやってたんだなーって思えるくらい素晴らしかったに尽きる内容だった。
クロの大雅を思う気持ちと大雅がクロを思う気持ち、それぞれの行動の仕方や状況が凄く良かったと思う。
この終盤のシナリオが無かったらこのルート自体の評価はB+くらいに落ち込むと思えるほどここのシナリオは評価出来るかも。
エンディング前の大雅の行動とかもう思い出しただけでちょっと涙腺にくるレベル。

あと、それに加えて評価したいのはエピローグ部分かな。
エピローグ冒頭も好きなんだけどほんとにいいなーと思えたのは最後の糸電話。
あそこで糸電話持ってくるのはもう泣かせる気満々だと思う。あのCGも大好き。

ちなみにエロは2枠。相変わらずここでもクロは可愛かった。

全体を通して振り返るとやっぱり文が読みにくく長くて冗長って印象は最後まで拭えなかったのは悪い点だと感じたけど、それを払拭できるくらいシナリオの内容が良かったと思うし各ルート間のシナリオの関連付けも出来てたのは凄いと思えた。
このルートの最後の場面はほんとに読めて良かったと思えた内容だったからこの評価で。

__________________________________________


 総合評価:S

前作に比べて塗りが変わったように感じるけど今作の方が圧倒的に好みかな。
キャラデザも良いと思うし何よりここのブランドはロリキャラが特に可愛い。
シナリオの長さの割にCGが少し少な目に感じたけど一つ一つのクオリティは高いと思う。
クロと千和のキャラデザはほんと好き。

__________________________________________


音楽 総合評価:S

ほんと曲がボーカル、インストどちらもクオリティが高いとしか言いようがない。
正直贔屓ブランドって部分を考えなくても特にボーカル曲の質の高さは作品が進むごとに上がっていってる気がする。
その中でもさくらReincarnationが特に好きかな。
挿入歌のさくら、もゆ。やED2種、輪廻のどれもいい曲だと思う。

__________________________________________


システム 総合評価:A+

特に大きなゲーム内システム演出ってところは無かったけど大きな不満点も無いかな。
ただ、ムービーの出来がほんとに素晴らしかったと思う。
1st、2ndのOP2種とも映像の作りが前作以前に比べて凄く上達してると感じた。
ムービー内の文字とかチョコレートに添えてあるメモとか見ただけで涙腺にくるあたり涙もろすぎる。

__________________________________________


CV 総合評価:A+

別名義か分からないけどあまり見たことないキャストの割にキャラのイメージと合ってて良かったんじゃないかな。
個人的にびっくりしたのはクロと最終ルートの女の子の声が同じだったことかな。
言われてみれば分かるけど気づかなかった。

__________________________________________


その他

シナリオの部分でもある程度書いたけど全体を通してテキストに癖が強いから苦手だったり合わないと感じる人はそこそこいると思うけど話の内容自体は評価できると思えたのでお勧めできる作品だと思う。
後はとにかくどのルートも長い(特に千和とクロ)からそういう意味ではエネルギーのいる作品じゃないかな。

ただ個人的にハルルートとクロルートは素晴らしいに尽きる内容だったから高く評価したいなー
ヒロインも割と満遍なく好きになれたしキャラゲー寄りのFDとか是非やってみたいかも。

全ルートクリアまでかなり時間はかかったけど最後までやってよかったと本気で思えたゲームだった。


総合してこのゲームは 92 点くらいかな。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top