FC2ブログ
2030
01.01

トップなど

Category: トップ

記事 最終更新:2月21日

トップ最終更新:9月22日

<エロゲ記事>

進行中のゲーム(キャラ・シナリオゲー) :  バタフライシーカー

進行中のゲーム(抜きゲー) :  たまはじ

次に進行予定のゲーム :  (考え中だからまだ分かんない)

バタフライシーカー 優衣√攻略完了、記事本文更新しました
妹ぱらだいす2 全て攻略完了、記事本文一部更新しました(後日更新予定)

<その他ゲーム記事>

進行中のゲーム :  (休止中)

次に進行予定のゲーム :  (休止中)


世界樹の迷宮4 part2記事本文更新しました


~今後で期待している、未購入で気になっているゲーム一覧~


・ルリのかさね ~いもうと物語り~ (ねこねこソフト)


・なちゅらるばけーしょん (hibiki works)


・妹を汚した記憶 (はむはむそふと)


・かりぐらし恋愛 (ASa Project)


・ケモノ娘の育て方(SWEET&TEA)


・さくら、もゆ (FAVORITE)


~応援しているゲームのバナーなど(上の方が新しめ)~


さくら、もゆ。-as the Night's, Reincarnation- 応援中!!


『なちゅらるばけーしょん』を応援しています!


__________________________________________


世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!

→応援バナーキャンペーンでD賞当選しました!


アストラエアの白き永遠 応援中!!

→応援バナーキャンペーンでサイン入りドラマCD台本当選しました!



<バナー無しの為省略>

→プレイした中で1番評価が高い作品です!


※ゲームの評価について(2015年1月追記)

基本的に以前と変わりませんが、評価AとBの占める割合が多く前々から気になっていたので少し変更。

評価Aの中でもSに近いものはA+、Bに近いものはA-と分割させます。
評価BとCについても同様に+と-で細分化するようにします。


また、評価DとEがほぼ出ないため一括して69点以下はDとします。

S:85点以上。完璧
A+:名作なり損ね
A-:80点以上。良作
B+:良作なり損ね
B-:75点以上。そこそこ良い、平均以上
C+:凡作
C-:70点以上。平均的、少し微妙
D:69点以下。悪い、何らかの欠陥あり



以下は2015年1月より前に書かれた感想記事の評価基準です。

個人的な自分の好み全開で評価してます。

体験版はシナリオ、絵、音楽、システム、CVとその他気になった点を短めに感想を書くだけで点数とかは付けません。

製品版の評価はさっきの5つの観点についてS,A,B,C,D,Eの6段階評価(ただしシナリオは各個別ルートごとにも評価)で判定。

S:85点以上。完璧
A:80点以上。かなり良い
B:75点以上。そこそこ良い、平均以上
C:70点以上。平均的なクオリティ
D:60点以上。悪い、何らかの欠陥あり
E:59点以下。酷い、二度とやりたくないし思い出したくない

最後に総合得点を100点満点で書いてます。




※過去作の評価(総合点のみ)

あまりに昔にやったため細かい部分覚えていないので目安得点だけメモ書き。
ただし最後まで完走していない作品はプレイした部分までの評価。
思い出補正マシマシ。

「★」マークがついてる作品は感想付きでリンクを貼りました。
「(G)」マークがついてる作品は途中でギブアップした作品。

あなたに恋する恋愛ルセット95点
⇒ゲーム種類:キャラゲー、個人的殿堂入り作品

車輪の国、向日葵の少女94点
G線上の魔王93点
ef - the latter tale.92点
いろとりどりのヒカリ:92点
アステリズム92点
枯れない世界と終わる花91点
アストラエアの白き永遠90点

紅い瞳に映るセカイ89点
RIDDLE JOKER89点
サノバウィッチ88点
DRACU-RIOT!86点
Clover Day's86点
車輪の国、悠久の少年少女85点
星空のメモリア:85点
千恋*万花85点
アイカギ85点

フレラバ84点
恋する彼女の不器用な舞台84点
夏ノ雨:84点
PRIMAL×HEARTS83点
PRIMAL×HEARTS 283点
アイカギ~アフターデイズ~83点
キミのとなりで恋してる!83点
ひこうき雲の向こう側82点
恋色空模様:81点
死神の接吻は別離の味:81点
ぼくの一人戦争81点
恋×シンアイ彼女80点
アストラエアの白き永遠Finale -白き星の夢-80点
君と彼女と彼女の恋。:80点
Clover Heart's:80点
ef - the first tale.80点
いろとりどりのセカイ:80点
リトルバスターズEX:80点

ましろ色シンフォニー:79点
サツコイ~悠久なる恋の歌~:79点
リアル妹がいる大泉くんの場合:78点
天色*アイルノーツ:78点
Magical Charming!:78点
ラブラブル:77点
妹のセイイキ:77点
十六夜のフォルトゥーナ:76点
花色ヘプタグラム:75点
智代アフター75点
FairChild:75点
星空のメモリアEternal Heart:75点
お家に帰るまでがましまろです:75点
世界と世界の真ん中で:75点

恋色マリアージュ:74点
彼女のセイイキ:74点
鬼ごっこ!:74点
恋色空模様FD:74点
倉野くんちのふたご事情:74点
スキとスキとでサンカク恋愛:74点
運命線上のφ:72点
プリマ☆ステラ:72点
学☆王:72点
タユタマ:72点
your diary:72点
プリさらFD:71点
幼なじみは大統領:70点
タユタマFD:70点、
しまいま。:70点
さらさらささら:70点
彼女×彼女×彼女:70点

義妹だからできること、妹じゃないとダメなこと。:69点

スポンサーサイト
2019
02.17

バタフライシーカー 感想など(更新途中)



(最終更新 2月21日)

今年に入ってシナリオゲーの第一弾はシルキーズプラスから。
以前より少し気になってたブランドだからプレイが楽しみ。


トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:


・共通 評価:A+

学生捜査員の主人公やヒロインらが殺人事件を推理し解決していくサスペンスものの話だったけどシナリオもしっかりしてるし文も読みやすく楽しめたかな。
共通では女性監禁拷問事件がメインだったけど少しずつ視野が広がっていく感じがとても面白かった。
ヒロイン3人+桐生先生もそれぞれ魅力的なキャラで役割分担とかムシクイとしてのチームワークも見れたり話しに引き込まれる感じもあった。

事件解決後になぜかルートでもないのに桐生先生とのシーンがあったんだけど勝手にルート入ったのかな?って勘違いしてしまった。
まぁでも先生なりの主人公への感謝の気持ちだったのかもしれないね。

サスペンスものとしてもエロゲのシナリオゲーとしてもどちらで見ても共通の出来は良かったんじゃないかな。


・羽矢√ 評価:A+

<画像は後で追加>

腕っぷし自慢のゲーマー少女。

主には連続撲殺事件を扱ったシナリオだったけど羽矢が入れ込んでいるサルベージを基にした事件で展開や各キャラクターの行動もそれぞれ面白くこちらも共通同様引き込まれる楽しさがあったかな。
特に印象に残っているのは6年前の蜘蛛の事件での透子との関連性が判明した場面かな。
好きになった相手が憎むべき相手ってやりきれない気持ちだと思う。

羽矢自体のキャラは共通冒頭時点ではあんまり好きじゃない性格だったけど個別からは主人公や千歳を助けたり撲殺魔の逮捕に貢献する場面等かっこいいシーンが多くてすごく好きになれたかも。
かっこいいだけじゃなくて根はほんとにいい子だなーと思える場面も多くとても魅力的だったかな。
BADエンドに関しては結構結末含めえげつなかったけどこの個別シナリオで羽矢は結構好きになれたキャラクターだったかも。

事件の内容自体も面白かったけどやはり6年前の事件の真相が気になったまま終わっちゃったかな。


・優衣√ 評価:A+

<画像は後で追加>

共感能力に長けた心優しい少女。

連続絞殺事件が主な話だったけどこちらも羽矢同様展開が面白く優衣の交渉力の高さが事件を解決に向かわせる場面はかっこいいなーと思えた。
6年前の蜘蛛の事件との関連は羽矢ほど大きくはなかったけど主人公がそれを打ち明け優衣が受け入れるところとか少し心が温まったかな。
好きになるきっかけとかはちょっとべたな設定だなーと思えたけど事件の推理食い違いや透子の軌道修正のさせ方等シナリオが面白いと思わせる要素がちらほら見受けられたかも。

印象に残っているのはGOOD ENDよりもBAD ENDの方かもしれない。
正直結構精神的に怖かった。アカオリチョウの毒の設定は絶妙だなーと本編事件でも同じように感じたけどこのBADはなおそれを感じたかも。
羽矢のBADよりもかなり描写がきつめだからちょっと注意が必要かも。
・・・まぁこの手のゲームをチョイスする人なら大丈夫だとは思うけど。

キャラに関しても優衣は可愛さ重視で描写されてたと思うけど芯の強い子だったなーという印象。
羽矢と同じく普通に好きになれた。普通のキャラゲーで出てきてほしいタイプ。

少しずつ6年前の事件の情報量が増えてきたかなといった具合。


・千歳√ 評価:




・TRUE√ 評価:




__________________________________________


 総合評価:



__________________________________________


音楽 総合評価:



__________________________________________


システム 総合評価:



__________________________________________


CV 総合評価:



__________________________________________


その他




総合してこのゲームは ?? 点くらいかな。

「評価用」

S
A+
A-
B+
B-
C+
C-
D

Comment:0  Trackback:0
2019
01.12

making*lovers 感想など



(最終更新 2月3日)

今年もキャラゲーからスタート。
やっぱここのブランドのゲームはやってて楽しい。
すべて攻略完了。デートプラン分岐は後で個人的に楽しもうかね。


トップにもあるようにシナリオ、絵、音楽、システム、CV、その他についてS~Dの8段階評価で。

__________________________________________


シナリオ 総合評価:A+


・共通 評価:A-

共通・・・というよりかは個別分岐のためのシナリオが少しある程度でそこまで尺はなかったかな。
恋愛は過程が大事ってスタンスの主人公が合コン、友達の紹介などでヒロインと知り合い付き合ってから恋愛をしていくといったテーマで書かれていたかな。
この手のキャラゲーでは少し珍しいテーマだったけどキャラのノリもよくギャグも散りばめられて読みやすかった。
ヒロインもそれぞれ個性的で魅力的だった。
今回はましろ⇒レイナ⇒咲⇒可憐⇒亜子の順で攻略した。


・ましろ√ 評価:A+

2019y02m03d_212910594.jpg

隣のアパートに住む不思議ちゃんな彼女。

キャラベースとしてはフレラバの岬を思い出す性格だったけど不思議ちゃんって部分だけが先行せずしっかりキャラ魅力も出せていて凄く良かったと思う。
いきなり合コン先のレストランで出会って恋人契約するだとかトンデモ設定で最初はちょっと抵抗あったけど読み進めていくうちにましろは面白いだけじゃなくてほんと可愛いなーって思える場面が多かった。
「むー!」とか「彼氏は~すること」とかいちいち口癖が可愛いし一途さもかなり伝わってきて個人的には凄く楽しめた。

エロは4枠でこのゲームでもやはり授乳手コキは健在だった模様。
最近ほんと流行ってるよね。絶対1枠は誰かしらのキャラである気がする。

最後の指輪の話は人によっちゃ好みが分かれそうではあるけど個人的にああいうちょっとくさい話も結構好き。
不思議ちゃんキャラでここまで気に入ったのは初めてだったかも。


・レイナ√ 評価:A+

2019y02m03d_212842910.jpg

積極的なモデルの後輩。

ルートのはじめは個人的にレイナが結構苦手な性格だったけどシナリオが進むごとに内面的な魅力が見られるようになって最終的には好きになれたかも。
クマのストラップの話とか結構心に来たし最後のまとめに関しても根はほんとにいい子だなーって思えたしキャラとしての魅力が出せてたと思う。
まじめな話だけじゃなくてギャグも充実してたと思うしハムスターのくだりとか結構面白かった。

エロはこっちも4枠。割とノーマルだったけどレイナ自体がエロくて好きな人にはたまらなそう。

日常、シリアス、ギャグのバランスがとても良く、ましろルートに続き読みやすく楽しくプレイできたかな。
余談だけどこのキャラちょっとだけデレマスの莉嘉を思い浮かべたかも。


・咲√ 評価:A-

2019y02m03d_212832409.jpg

恋に初心なお天気お姉さん。

出会い方からして凄い偶然が重なったような場面だったけどその割には自然な展開で話も面白かった。
付き合うきっかけが少し弱いかなーとも思ったけどそこは最後の恋愛09で補えていたと思うからバランスも良かったんじゃないかな。
個人的にはスーパーで主人公の母と亜子に偶然会って家で焼き肉食べた話が凄い好き。亜子がいいキャラ過ぎる。

エロは5枠だったけど同じ章に2回あったりと結構多めに感じた。
内容もノーマル、自然な感じのものが多くテーマにもあってて良かったんじゃないかね。

年上のお姉さんキャラとしては出来は良かったと思うけどレイナ・ましろに比べると少しだけ魅力が劣ってたかな。
あの迷子の子供のくだりとか必要あったのか?
結構毒吐きの場面が多かったからその辺は人を選びそう。ギャグとしては面白かったけど。


・可憐√ 評価:A-

2019y02m03d_212852643.jpg

素直になれない大学時代の同期。

正直進展05までは完ぺきというかほんとにツンツンしてる可憐が可愛いし突然ルームシェアするって展開も面白くて楽しかったんだけど恋愛01以降になったとたんに主人公の性格が悪いほうに変わった感じがしてちょっと残念だった。
可憐自体が突っ込み側のキャラなこともありギャグ多めだったけど個別全体を通したら家族への紹介、亜子への嫉妬、フラワーアレンジメント等一つ一つの話はしっかりしてるとは思ったかな。
ただ軸となるフラワーアレンジメントは恋愛パートの最初と最後に取り上げたくらいで過程の描写が甘いかなーと感じた。

エロは4枠。特に印象に残ったところもなかったけど職場の事務所でヤったことあるのにラブホは敷居が高いって言ってるのはちょっと謎だった。
一応黒スト&貧乳枠みたいだけどそれに関するフェチプレイみたいなのは主には無かったかな。
まぁ普通のキャラゲーに沿ったノーマルな内容かね。

可憐のキャラ自体は物凄く良かったけど特に個別後半のシナリオをもう少し練ってほしかった。
フラワーショップに勤め始めの描写はちょっと無理あるなーと思える点が多かった。


・亜子√ 評価:S

2019y02m03d_212817810.jpg

家庭的なブラコン妹。

まずシナリオ全般を見てみるとそこまで突出して良かったとか悪かったとかはないんだけどとにかく亜子が可愛いに尽きるルートだった。
過去の記事でも書いたかもしれないけど妹キャラで主人公への呼び方が告白前後で変わらずに「お兄ちゃん」なのはかなり評価できる点だと思う。
というより妹フェチとして亜子はもう完ぺきというかツボを分かりきってるし制服も可愛いし水着も文句なしで可愛いし何よりムドムドバーガーの制服姿が死ぬほどかわいい。
何これ?俺を殺す気ですか?
ブラコン妹だけど不自然さはそこまで感じなかったし日常パートもギャグ調が強めだった。

設定としては実家で密かにイチャイチャするってのを軸にしてるからエロに関してもバレないようにってシチュが多めだった。
バイト先のシーンは正直かなり好み。シチュ自体はそうでもないけどもうあの格好が最高。

まとめに関しても綺麗だけどタイムカプセルはちょっと後付け感があったかな。
管理栄養士についてもそこまで大きく本編内で取り上げては無かったしシナリオ自体は平均ちょい上くらいかな。
ただ亜子がほんと可愛かったのでこの評価で。
正直キャラゲーのシナリオで一番大事なのはキャラが可愛いかどうかだと思ってるからこれで良いと思う。

__________________________________________


 総合評価:A+

作品にあった明るめで線のはっきりした原画だと思う。
少し気になったのはCGは良いのにその使われている場面が異常に短いことが多かった気がしなくもない。
キャラごとにCG枚数が同じなこともありその帳尻合わせというか弊害なのかも。
各ヒロインの笑顔のCGが特に可愛いと思えるものが多く良かった。

__________________________________________


音楽 総合評価:A+

OP曲がとにかく素晴らしい。ずっとループで聞きたくなるくらい気に入った。
作品にも合った明るく女の子らしいメロディと歌詞で良曲だと思う。
インストに関しても明るめのものが多く雰囲気良かったんじゃないかな。

__________________________________________


システム 総合評価:A-

おさわり機能とか地味に嬉しいけど気づかない人が多そう。
デートプラン等ゲーム内システムに関してはそこまで目新しさは無かったかな。
コンフィグはいつも通り平均的な機能は搭載している模様。
あと各キャラの音量テストボイスが変なのばっかりなのは狙ってると思う。

__________________________________________


CV 総合評価:S

ヒロイン5人ともとても良かったと思うけど特にひいき目抜きでも亜子のCVはかなり良かった。
色んな声聞けたしとにかく甘ったるい感じの声が良かったかな。
可憐やレイナも個人的には好き。

__________________________________________


その他

SMEE3作目だったけどラブラブル、フレラバときて時代が新しくなるごとにほんとに進化が目まぐるしく凄いなーって思わされるなー
キャラゲーとしてもヒロインは魅力的でギャグもしっかり入ってて読みやすく明るく雰囲気良いゲームだった。
デートプランに関しても各キャラについて色々違った反応が見れて楽しめると思うし完成度はかなり高いと思う。
シナリオに関しても今作はそこまでキャラによる出来栄えのムラが少なかったんじゃないかなー
個人的にはやっぱり亜子ちゃんが可愛すぎて推せるかな。

総合してこのゲームは 88 点くらいかな。


Comment:0  Trackback:0
2018
12.31

今年プレイした18禁ゲームを振り返る 2018年版


今年もまとめを書く時期がやってきたけどかなり充実した内容だったなー
サンカク恋愛からハーモニーまで。

スキとスキとでサンカク恋愛 (74点) 1月~2月にプレイ

キャラゲーものとして選んでみたものの個人的にはイマイチ楽しめなかったかなーという印象だった。
個性的でギャグとしては面白い所もあるけどやっぱり日常場面のテキストがつまらなかったかな。
個人的にサブルートの茜が一番出来が良かったかも。


あなたに恋する恋愛ルセット (95点) 2月~3月にプレイ

今年プレイした中・・・というより今までプレイした中で一番好きなゲームと言えるくらい良かったゲームだったかな。
とにかくキャラが可愛くテキストも柔らかく魅力に溢れていてキャラゲーの理想といえる出来栄えだと個人的には思った。
特にののかはほんと頭おかしくなるくらい可愛い。このゲームに出会えて良かった。
文句なしの今年最高得点。


アイカギ (85点) 3月~4月にプレイ

低価格作品第3弾としてプレイしたけどヒロインの栞が可愛く学園幼馴染ものの恋愛シナリオとしてはかなり楽しめたかも。
お互いを意識し始める過程とか同棲ならではのドキドキとかも味わえて満足かも。
最近この手の低価格作品増えたけどこれくらいのクオリティ出してくれるなら文句ないよね。


G線上の魔王 (93点) 4月~5月にプレイ

シナリオゲーとしてプレイしたけどきっかけは車輪の国がとても面白かったから同じ作者の作品ということで手を出してみたけどとにかく面白かった。
特に4章以降の展開が最高でハルと魔王の相対するやり取りから目が離せなかったなー
ヒロインも可愛いし(特に椿姫ちゃん)シナリオも良かったしいいゲームだった。


ましろ色シンフォニー (79点) 5月~7月にプレイ

少し昔目の有名なキャラゲーということでプレイしてみたけど普通に良作寄りの内容だったかな。
個人的にはみうルートが圧倒的に出来が良かったと思う。
つばす絵も綺麗だしエロゲー初心者にはお勧め出来るゲームじゃないかな。


RIDDLE JOKER (89点) 7月~8月にプレイ

安定のゆずと言われるに相応しいバランスの取れたゲームだったかな。
特に七海&千咲が可愛すぎてもう一回個別ルートやりたいくらいだったかも。
ここのブランドはお気に入りボイスやフローチャート等システム面でも一歩先を行ってるなーという印象。


アイカギ~アフターデイズ~ (83点) 8月にプレイ

本編の甘々な感じは残しつつもっと親密になっていく様子やエロのバリエーションも拡張されて良質なFDになってたかな。
とにかく汐栞が可愛いし大学生活ならではの日常パートも楽しめた。
本編は冬の話だったけどこっちは夏が舞台だから夏ならではのイベントも楽しめてよかったと思う。


フレラバ (84点) 9月にプレイ

ここのブランドのゲーム自体プレイするのが5年ぶりとかそれくらいですごく懐かしい気持ちになったけど昔に比べて凄いクオリティが上がったなーと実感もしたゲームだった。
フレンドパートでヒロインと色んな会話出来たりするのも楽しいし、個別ルートもキャラ別に出来栄えの差はあるものの凄くキャラを魅力的に書けてたのは評価できる点じゃないかな。


夜巡る、ボクらの迷子教室 (80点) 9月~10月にプレイ

シナリオゲーもたまにはプレイしようとということで手を出したけど暗い世界観の中で感動できる部分やヒロインの成長を見れる場面が多く良作だったと思う。
特にきなルートに関してはほんとに内容が辛いものだったけどプレイして良かったと思えるゲームだったかな。
個人的にはりこより綾子さんの方が攻略したかったかも。


添いカノ (76点) 10月~11月にプレイ

学園物のキャラゲーだったけど出来としてはほんとに普通くらいのゲームだったかな。
主人公がネガティヴなのが評価を下げてる原因だとは思うけどヒロインは可愛いし(特に藍果ちゃん)良い面もあると思う。
もう少し主人公を含め魅力的にできたんじゃないかなーと思えたゲームだったかも。


HarmonEy (75点) 12月にプレイ

今年最後にはなったけど夫婦生活を軸とした低価格作品ということであまりやったことないジャンルだった。
シナリオの出来としては低価格にしては頑張ってると感じたけど個人的にはあまり好みに合わなかったかな。
もう少し主人公主体じゃなくて綾子主体のシナリオを読んでみたかったかも。


以上今年11作プレイしたかな。
思ってたよりかは意外とプレイできたかもといった印象。
低価格作品が多かったのも影響してそうだけどね。
Comment:0  Trackback:0
2018
12.31

好きなキャラクターランキング(エロゲ以外もおまけで) 2018年版


一応今年もやろうかね。
今年はかなり激戦区というか良いキャラクターに巡り合えた気がするかも。

今年プレイしたゲームだけのランキング(1~5位)と全体のランキング(1~10位)をそれぞれ。

※以前に本編プレイ済みのFDのキャラは除外(FDからの初出キャラは対象)


●今年プレイしたエロゲ部門


5位:壬生千咲 (RIDDLE JOKER)

2018y08m17d_164232655.jpg

<コメント>

千咲ちゃんクラスのお気に入り度で今年は5位っていうのが個人的に驚いた。
とにかく先輩呼びで普段はぐいぐい来るのに急に照れたりするところとか可愛すぎてほんとに何でサブヒロインなのか理解できなかった。
人をロリコンにさせる能力を秘めてる恐ろしい子。とにかく可愛い。

4位:柊ゆずゆ (フレラバ)

2018y09m22d_220150288.jpg

<コメント>

こんな可愛いツンデレキャラに今まで出会ったことが無かったけどフレンドパートからの個別パートのデレ具合や愛され具合がほんとに最高だった。
根は真面目で優しくていい子だしちょっと怒らせてみたくなる気持ちはものすごく分かる。
是非フレンドパートや個別ルートはもう一度プレイしたいかな。

3位:美輪椿姫 (G線上の魔王)

2018y05m05d_193641823.jpg

<コメント>

シナリオゲーではあったもののとにかく天使過ぎて二章を読み進めるのが辛かった。
椿姫ちゃん自体の心の成長とかも見れたけどとにかく優しくていい子過ぎる。
こういう子は甘えられたいし甘やかしたいキャラかな。

2位:在原七海 (RIDDLE JOKER)

2018y08m17d_164120229.jpg

<コメント>

天使&妹の組み合わせは反則級ということを七海ちゃんから教わった。
他のルートでも七海が可愛いとしか思えなかったしお兄ちゃん呼びもかなりポイント高い。
人見知り気味なところとかほんと可愛かった。

1位:橘ののか (あなたに恋する恋愛ルセット)

2018y03m04d_160344300.jpg

<コメント>

2018年はこの子・・・というかこのゲームの印象がかなり大きかったかな。
プレイ中ほんとに何度頭おかしくなったかわからないくらいののかは可愛すぎて脳が溶けそうだった。
特に告白前後の照れてるののかちゃんは核兵器クラスに破壊力ある可愛さでほんとに最高だった。
ランキングには乗らなかったけどこのゲームの他のきゃらについても6位、7位に来るくらいには魅力的だったかな。

●全体エロゲ部門

10位:雫 (死神の接吻は別離の味)
9位:紬 (サノバウィッチ)
8位:ゆづき (PRIMAL×HEARTS)
7位:椿姫 (G線上の魔王)
6位:七海 (RIDDLE JOKER)
5位:灯花 (車輪の国、向日葵の少女)
4位:アリスティア (PRIMAL×HEARTS2)
3位:莉音 (DRACU-RIOT!)
2位:ののか (あなたに恋する恋愛ルセット)
1位:真紅 (いろとりどりのセカイ・ヒカリ、紅い瞳に映るセカイ)

<総括コメント>
去年と打って変わりかなり順位が変動したかも。
というより魅力的なキャラが多すぎて今年プレイしたゲームのキャラが3キャラ上位に食い込んできたかな。
でもお気に入りのキャラが増えるっていうのは良いことだよね。


<おまけ>

●アニメ部門

(今年も特に新規にアニメあんまり見れていないので省略)
何かお勧めのアニメでもあったら見たいけどなー

●デレマス部門

5位:とときん
4位:ふみふみ
3位:響子
2位:夕美
1位:智絵里

今年も去年と変わらず順位はこのままかな。
夕美好きが定着してしまった。

●モンスト部門

5位:アリス(獣神化・進化)
4位:カマエル(神化・進化)
3位:ユグドラシル(神化・進化)
2位:スキュラ(神化・進化・フェス限)
1位:モンストローズ(獣神化・神化・進化)

ユグの獣神化はよして。ローズちゃん獣神化めでたい。


●白猫部門

(もう引退してプレイしてないので省略)
でも今でもツユハは可愛いと思うし白猫の中じゃ一番好き。


●ラブライブ!部門

μ's
5位:ことり
4位:絵里
3位:希
2位:穂乃果
1位:花陽

Aqours
5位:善子
4位:梨子
3位:千歌
2位:花丸
1位:ルビィ

一応サンシャイン見たから更新。
正直ルビィと花丸が圧倒的で3位以下はそこまで差がないかも。


来年もいろいろゲームやっていきたいものだねー

Comment:0  Trackback:0
back-to-top